そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『山陰・山陽』ninja650で本州最西端へ!!(第3部)『錦帯橋・なっちゃん・秋吉台オートキャンプ場』

f:id:ninjalifegudaguda:20201202154130p:plain

(記事作成2020.12.3更新2020.12.7)

前回(第2部)は、宮島(厳島神社)を訪問したところで締めた。

これより第3部のたび日記です。

どうぞ(・∀・)/

情熱は時代を超えて

ライダーの朝は早い。だいたい5時前には自然と目が覚める。 

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142046j:plain

朝飯はラーメンを啜る。巷では「朝ラー」と呼ばれているらしい。

 

それにしても、今回のツーリングは炭水化物ばかり食べている・・・

栄養の偏りが、かなりヤバい・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142051j:plain

コンビニでも寄って、ビタミンCのタブレットを買うとするか。

 

さて、今日は県境をまたぎ、山口県へと突入だ。初めて訪れる地への期待と興奮に、胸が高鳴りワクワクする。

まずは、キャンプ場から近い錦帯橋を目指すとしよう。

錦帯橋は、バイク用の駐車スペースが設けられていた。道幅は狭いものの、リッターバイクでも問題なく停められることができる。

(ホームページはこちらから↓↓↓)

kintaikyo.iwakuni-city.net

f:id:ninjalifegudaguda:20201202141946j:plain

錦川に架けられた木製のアーチ橋、錦帯橋

 

長閑な風景と調和している。とくに、緩やかな弧を描くアーチ部分は、ただただ美しいのひとこと。。。

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142010j:plain

この美しいアーチの「反り」の部分は、現代の高度な技術と遜色しないらしい。

 

今から300年以上も前の職人の技術が、令和になった今でも通用するって・・・すごすぎる・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142005j:plain

橋の通行料は、なんと大人1人310円。あまりにも安くて、かえって申し訳なくなってしまう。

 

写真だとかなりの傾斜角度のように見えるが、実際は、子どもでも難なく渡ることが可能。

 

橋を渡ると軽食屋がならび、レンコンコロッケなど美味なグルメを堪能できる。

その中でも一際目立っていたのが、ソフトクリームのお店。 

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142058j:plain

www.sky.icn-tv.ne.jp

100種類以上のバリエーションがあるので、メニュー選びも一苦労。

など、なんでもござれな感じ。勇気ある方は試してみてください!

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142103j:plain

ぼくは、無難にクレオパトラの涙」を注文。

濃厚なバニラソフトクリームだ。うましうまし。

 

川沿いを散歩して、人気がないところでゴロンと昼寝。

40分ばかし夢落ちしたので、そろそろ次の目的地へと向かうとしようかな。

 

 

なっちゃん夏みかん

ちょっと早いけど、キャンプ場に直行してまったりしようと思う。

でもその前に、趣味のステッカー集めのため寄り道。 

 信号が少ない田舎道を、ninjaが颯爽と駆けていく。

 

空には綿菓子のような雲が散らばっている。初秋の心地よい風を全身に浴びて、これぞツーリング日和な最高の気候。これは堪らん。

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142107j:plain

「台観望合歓店」にて一休み。

こちらでは知る人ぞ知る、絶品夏みかんソフトが食べられるのだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142114j:plain

(ホームページはこちらから↓↓↓)

www.infodi.net

甘酸っぱさがクセなる。美味すぎて2こ追加注文してしまったほどだ。

 

ご当地ステッカーも忘れずにゲット。このデザイン、かなり気に入っている。

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142121j:plain 

時間は15時をすこしまわった。

さてそろそろ、秋吉台カルスト」を走ってキャンプ場に飛び込むとするか。

 

 

カルストは裏切らない

秋吉台カルスト」は、日本三大カルストの一つ。

 

ツーリング雑誌にも絶景路として何回も掲載される、バイク乗り冥利に尽きる道とのこと。

息を飲む情景を想像しながら、ninjaのギアを3速・4速へと掻きあげる。 

 

ワインディングを楽しみながら走っていると、突如、視界がパッとひらけた。

ただ・・・ 

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142040j:plain

かなりガスっていたw

2015年に四国カルストへ行ったときも、辺りいちめん霞の世界だったのを思い出す。

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142029j:plain

数十分前までは青空が広がっていたけれど、天気の気まぐれに振り回されてしまった。

 

まあ、こればかりはタイミングだから致し方ない。明日に期待しよう。 

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142142j:plain

今日は、キャンプ場に早めにチェックインしてまったりしよう。

 

お世話になった秋吉台オートキャンプ場」の基本情報は、

秋吉台オートキャンプ場
  • テント1張1000円
  • バイク専用のサイトは乗り入れOK
  • フリーサイトでも、空いていればバイクの横付け可能
  • ゴミ捨てOK(燃えるゴミは100円で袋購入)
  • 目の前に温泉あり(600円)

    refresh-park.com

f:id:ninjalifegudaguda:20201202142125j:plain

温泉にガッツリ浸かり、晩飯は3日連続でパスタを胃に流しこむ。

でもさすがに、麺類はそろそろ飽きてきたな・・・

 

明日の晩は、どこかのお店で食べるとするか。。。

 

満月が煌々と照らす静寂の夜は、明日食べるメニューを夢想しながら更けていくのであった。

第3部は区切りがいいので、今回はここまでにしよう。

第3部、最後までご覧いただきありがとうございました。