そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

「拡散希望」バイク旅のお土産は「ご当地ステッカー」で決まりだねってお話!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190818114209j:plain

(更新2019.7.15)

ご当地ナンバー」「ご当地キャラクター」など、「ご当地◯◯」は各都道府県にあり有名ですよね。

 

今回紹介する「ご当地ステッカー」は知名度こそ低いものの、ぜひ、たくさんの人に知っていただきたいご当地物の一つです。

 

その魅力について語らせてください。

どうぞ(・∀・)/

 ご当地ステッカーとは?

まず写真をご覧下さい。

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230407j:plain

このように景勝地や観光地の名称が印字されています

 

ご当地グルメご当地キャラクターなど地域の特色を活かした限定商品は数多くあります。

 

しかし、ご当地◯◯の中ではメディアや雑誌でも取り上げられる事も少なく、あまり全国的にメジャーではありません。

 

ご当地グルメなどはアンテナショップや通信販売などで気軽に取り寄せられますが、

 

「ご当地ステッカー」はその場所でしか買うことが出来ません。

 

その場所に行った証明になりますし、何より、他では買えない限定感が堪りません。

(一部はネット購入が可能ですが、ほとんどは現地に赴くしか方法はありません)

 

 どこで売ってるの?

やはり観光地の土産屋が一番手に入れやすいですね。

他にもいくつか購入手段がありますので順に解説していきます。

 

観光地の土産屋

店内を探してみると、レジ周辺や名産品(クッキーなどのお菓子類)コーナーにはほとんど置いてません。

 

むしろ、あまり人目につかない場所や、お店の入り口から一番遠い壁際にひっそりと置いてあったりします。

 

店員さんに聞いても

「ステッカー?そんなの売ってたかなぁ・・・」

という反応もしばしばwww

(お店の方も売っているのを忘れてしまうほど、ステッカーを買う人は少ないのでしょう)

 

お値段も1枚300〜500円前後で比較的リーズナブルです。

 

防水加工を施しているものが多く、屋外でも使えますが、

僕は念の為にステッカーを貼る際は防水スプレーを吹きかけています。

 (防水加工されていないのもありますので、その辺は直接ご確認して下さい)

 

道の駅

こちらで販売されているのは主に「i♡ 千葉」などの県名が印字されていたり、

国道のエンブレムステッカーが販売されています。

 

もちろん全ての道の駅で販売されているわけではありませんが、立ち寄った際は店内を探してみるのも面白いです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230354j:plain



 

高速道路のサービスエリア・パーキングエリア

高速道路のお土産コーナーの一角に、ごく希に置いていることがあります。

 

館山自動車道の市原SA(上下線)には、千葉県のご当地ステッカーが置いてありましたね。

神社

全国にはバイク神社がいくつかあり、

お守りとしてステッカーが販売されている場合があります。 

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230039j:plain
デザインも可愛いので、交通安全祈願ツーリングとして工程に組み込むのも良いですね。


バイクと一緒にお祓いもして頂けるので、事前に神社に確認して心も愛車も清めてもらいましょう!!

 

 

 デザインの特徴は?

大きく分けて4つあります。

① ◯◯岬・〇〇崎などの突端系

地形の突端部(北海道の宗谷岬青森県の竜飛崎・大間崎など)の名称が印字されているパターン。

 

シンプルなデザインのものが多く、一目でどこに行って来たか分かりやすいですね。

 

② ◯◯出没などの注意喚起系

f:id:ninjalifegudaguda:20190715023724j:plain

f:id:ninjalifegudaguda:20190715023721j:plain
他の場所では生息していない動物がデザインされています。

(北海道だったらヒグマ・新潟だったら朱鷺が有名ですよね)

 

動物?なのもいますが、ユニークでその地方ならではの魅力が感じられますw

 

遠方まで足を運ばないといけないかもですが、唯一無二のデザインですので、ぜひ手に入れたいですね。

 

③有名観光地や名産品を前面に出す系

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230323j:plain

秋田のなまはげ、広島のヤマトミュージアム、有名観光地や名産品がそのままステッカーデザインとなっています。


バイクだと荷物の積載も限られますが、ステッカーだと嵩張らず、気軽に持ち帰る事が出来るのも魅力です。

 

④地元の有志の方々のご厚意・おもてなし系

 石川の能登ピースステッカー」は、地元のライダー達がピースサイン」の復興を願ってステッカーを特定の場所で無料で配布しています。

 

 2014年に行ったときにGETしました↓↓↓

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230318j:plain



詳細はこちらから↓↓↓

55wajima.com

 

ピースサインとは、ツーリング中にバイク乗りがすれ違いざまに交わす挨拶みたいなもの。

 

現在では「yaeh(・∀・)v」「ヤエー」と言われていますよね。

(関東ヤエースポットだと道志道が有名です)

 

ぼくは、この文化に衝撃を受け、バイクの二輪免許を取得し、石川までステッカーを入手する為だけに旅をしました。

 

 (挨拶の仕方は手を振ったり、敬礼のポーズをしたり、両手でピースをしたりと人それぞれ)

 

2012〜2018年に至るまで、毎年カラーチェンジして配布しているそうです。

2019年は、どんな色になるのでしょうか?

 

他には福島県のライダーズピットがあります。

f:id:ninjalifegudaguda:20190801230314j:plain



詳細はこちらから↓↓↓

www.tif.ne.jp

 

地域全体でバイク乗りを歓迎して頂いている場所もあります。

 

このような有志の方々の思いを大事にし、年代問わず安全運転に努めるのがライダーとしての責務だと感じます。

 

ステッカー確認スポット!!

ご当地ステッカーを売っていた場所とデザインはこちらにまとめました!!

 

 最後に

お酒やお菓子類は食べてしまったら残りませんが、ステッカーのような気軽に買えて

形に残る自分用のお土産探しも旅の思い出作りの一つとして考案してみました。

 

これからも全国各地のステッカーを集めますよ!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。