そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

「千葉キャンプ」バイクで大房岬キャンプ場にいった体験談!

f:id:ninjalifegudaguda:20210503110943j:plain

(記事作成2019.5.29更新2021.2.18) 

「大房岬キャンプ場」は宿泊料が1000円以下の、千葉県の中では珍しいリーズナブルなキャンプ場だ。

 

キャンプ場の風景と設備・チェックインの方法をまとめましたので、どうぞ参考までに。

アクセス

千葉市内からは、館山道で1時間15分。

横浜からは、アクアライン経由で、1時間20分くらい。

最寄りの富浦インターより10分もあれば着くので、交通アクセスはすこぶる良い。

  

 

買い出し

キャンプ場の周りには、食材を買う施設はまったくない。

事前に買い出しを済ませた方がいいでしょう。

 

近くのスーパは「ODOYA船形店」がある

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223458j:plain

 ODOYAは、千葉県の南側を中心に展開しているご当地スーパー。

 

地元密着型で店員さんが優しく、とくに、海産物は新鮮でした。

(品揃えも申し分ないです)

 

 

基本情報

  • チェックイン13:00〜16:00
  • チェックアウト11:00まで
  • 大人1人テント1張630円
  • 乗り入れNG
  • ゴミ捨てOK(指定の袋に入れてください)
  • 予約必要(ぼくは当日の朝に電話しました)
  • taibusa-misaki.jp

 

 

チェックインの方法

大房岬は国定公園となっていますので、公園内への一般車両の通行は禁止されている。

 

そのため、まずは「インフォメーションセンター」で車両通行の許可を申請する必要がある。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223453j:plain

大房岬の駐車場内にある「インフォメーションセンター」で受付をする。

(事前に予約必須)

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223448j:plain

車で来た人は通行許可証を渡されるので、ダッシュボード等に掲示しよう。

(バイク乗りには手渡されませんでした)

 

13:00になったら、次なる受付場所の「ビジターセンター」へ誘導させられる。

駐車場を左折し、

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223443j:plain

道が二股に分かれているところを、右折。

「ビジターセンター」までは徐行で、ハザードを点滅させながら走行との指示を受けた。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223439j:plain

道幅は、車1台がようやく通ることができるくらい狭い。

 通り道には少年自然の家もあり、幼児や小学生が飛び出してくることもあるので注意してください。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223435j:plain

約3分ほどで「ビジターセンター」に到着。

こちらで宿泊料金を支払い、キャンプ場の説明やルールを聞こう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223431j:plain

バイクは「ビジターセンター」の横に駐車スペースがあるのでそこに置くことができる

(10台くらいは停められますね)

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223426j:plain

ちなみに車は、最初に受付した「インフォメーションセンター」に戻って通行許可証をお返しし、そこの駐車場に停めなければいけません

 

テントサイトまでは、リアカーを使って荷物を運ぼう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223415j:plain

サイトまでは坂があるので、大荷物の人だとちょっと大変かもしれないね・・・



どんなキャンプ場?

テントサイトは「第一キャンプ場」と「第二キャンプ場」の2箇所ある。

 

第一キャンプ場は、周りが木々で囲まれており、傾斜がほぼないフラットな地形だ。

 

ソロキャンパー。とくに、バイク乗りに人気ですね。

ぼくもここにテントを張りました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223420j:plain

第二キャンプ場は家族連れが多かった。

ファミリー層は第二。ソロキャンは第一っという印象を受けた。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223410j:plain

こじんまりとした静かなサイトだ。

場所によっては傾斜があるので、テントを張る際は注意されたし。

 

 

設備

炊事場、トイレは各サイトにある。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223406j:plain

清掃管理されている水洗トイレだった。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223402j:plain

ビジターセンターの横にある小屋に、ゴミを出すことができる。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223356j:plain

補足!!!

燃えるゴミは指定ゴミ袋を使おう!!

(ビジターセンターにて、1枚60円で買うことができます)

  

ビン・カン・ペットボトルも分別すればOK。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223352j:plain

シャワーも完備。

9:00〜21:00の時間枠でお湯がでる設定になっているとのこと。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223348j:plain

がっつりと入浴したい人は、歩いて10分したらホテル「MINAMIBOSO」の日帰り入浴をどうぞ。

14:00〜20:00の間で入浴可能だ。

 

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223342j:plain

*ビジターセンターで、入浴割引券を売っています

(1200円→800円になります。タオルは持参で)


ビジターセンター前に自販機あり。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223337j:plain


木々に囲まれた空間のおかげで、まったりとリラックスできました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223334j:plain

大房岬のホームページです↓↓↓

taibusa-misaki.jp


 

 

ちょっと歩けば、気持ち良い海岸がある!!

大房岬をお散歩することをオススメする。

第二キャンプ場から、歩いて5分ほどでこの海岸を眺めることができる。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223329j:plain


ゴツゴツした岩場が特徴的。 ちなみに 遊泳は禁止だ。


なだらかな草地(芝生)に寝っ転がって、青空を眺めるのは最高に気持ちよかった。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223323j:plain

ただ、上空にはトンビが旋回しているので食べ物には注意しよう。

ぼくと友人は、メロンパンをかっさらわれました。。。

 

 

翌日のツーリングはお決まりですか??

こちらの記事には、ぼくが気に入っている千葉県のツーリングスポットをまとめている。

f:id:ninjalifegudaguda:20200918144125p:plain

 興味がありましたら、どうぞ覗いてみてください。

 

 

最後に

 テント1張り630円というリーズナブルな宿泊料金かつゴミ捨てOKといった、かなり魅力的なキャンプ場でした!!

 千葉県のキャンプ場の探索はおもしろいですね!!

 

都心からのアクセスも良いので、ぜひぜひお越しください。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。