そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『千葉キャンプ』風の村オートキャンプ場にバイクで行った体験談!!!

f:id:ninjalifegudaguda:20210502145158j:plain

(記事作成2021.2.23更新2021.2.23)

福祉施設が運営、管理しているキャンプ場「風の村オートキャンプ場」

 

サイトの風景・設備を中心に紹介させていただきます。

どうぞご覧ください。

 アクセス

千葉市内からは渋滞がなければ、だいたい1時間弱くらいだ。  

キャンプ場は千葉県のちょうど真ん中あたりに位置しているので、館山道・圏央道を使えばあっという間に着くことができるだろう。

 

注意点は、キャンプ場へと向かう県道172号線は車1台がやっとの狭路で、しかもダンプの往来があるので運転には気をつけください

 

 

基本情報

  • チェックイン10時 
  • チェックアウト10時
  • 大人1人バイク1台1500円
  • ゴミ持ち帰り!!
  • 乗り入れOK
  • 予約必要(ぼくは当日の朝に連絡しました)

キャンプ場を管理している福祉施設のホームページです↓↓↓

www.uguisukai.chiba.me

 

 

 買い出し場所は??

キャンプ場から10分の場所にスーパー『オリブ』がある。 

f:id:ninjalifegudaguda:20210211204450j:plain

品揃えは申し分なし。 

食材や飲みものは、あらかじめ買っておいたほうが良いだろう。

キャンプ場の周りにコンビニ等は一切ないので、買い出しはしっかりと済ませておこう。

 

 

どんなキャンプ場??

 キャンプ場の入り口

先ほど紹介したスーパー『オリブ』から県道172号線を走らせていると、左手に施設の入り口がある。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121034j:plain

唯一の目印は、この入り口に掲げられている看板だけだ。

 

道路上にはキャンプ場の案内が一切ないので、知らなければ気付かずに通り過ぎてしまうと思う。。。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121046j:plain

キャンプの受付は入り口左奥の建屋。

ちなみに、薪も販売しているので必要な人は買っておこう。
f:id:ninjalifegudaguda:20210223121057j:plain

職員の方には優しく丁寧に対応していただきました。

17時以降になると職員は帰ってしまうので、わからないことはそれまでに聞いておきましょう。

 

 

サイトの風景 

キャンプ場は、しっかり管理された芝地の公園といった感じだね。

テントを張る場所は決まっていないので、敷地内ならどこでもOK。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121107j:plain

傾斜がなく平らなサイトだ。

ペグも刺さりやすかったので、設営に難儀することはなかった。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121116j:plain

そこまで広大なフィールドではないので、ファミリーキャンパーの大型テントだと狭く感じると思う。

ひっそりとした空間だから、ソロキャンパー向けのキャンプ場という印象を受けた。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121124j:plain

高い木がないので圧迫感はなく、広々とした青空のもと伸び伸びと過ごせる。

 

夜は上空に星が散らばっており、都会では味わえない非日常を満喫することができた。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121130j:plain

福祉施設が管理している情報が少ないキャンプ場なので、知る人はそこまで多くはない。

 

料金も1500円なので、千葉県の中ではリーズナブルなほうだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121017j:plain

ちなみに、ぼくが張った場所はサイトのいちばん奥側。

ちょうど梅の花が咲き誇っており、なんとも情緒ある雰囲気に包まれていた。

 

質素なサイトだけれど、ソロ利用ならこれくらいシンプルでも問題ないだろう。

 

 

 設備紹介

キャンプ場の設備は必要最低限。

サイトの真ん中に水場がある。 

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121134j:plain

トイレは、清潔で水洗式だった。

(男の小便器はカーテン1枚で区切られている)

f:id:ninjalifegudaguda:20210223121139j:plain

サイト内に自動販売機は確認できなかった(買い出しは忘れずに!!)

ゴミは持ち帰りなのでゴミステーションは無い。 

 

かなりシンプルな設備だけれど、ふつうに過ごすなら不自由はないだろう。

 

 

翌日のツーリングは??

こちらの記事では、ぼくが気に入っている千葉県のツーリングスポットを紹介しています。

f:id:ninjalifegudaguda:20200918144125p:plain

 興味ある方は、どうぞご覧ください。

 

 

最後に 

知る人ぞ知る風の村オートキャンプ場。

設備は最小限ながらも、ひっそりとした雰囲気が心地よいキャンプ場だった。

 

ゴミは持ち帰りだが1500円という低料金なので、しっかりマナーを守ってお互い気持ちよく使わせていただこう。

最後までご覧いただきありがとうございました。