そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

「千葉キャンプ」バイクで森のまきばオートキャンプ場に行った体験談!

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223812j:plain
(2019.9.11更新)

千葉県の「森のまきばオートキャンプ場」にバイクで行ってきました。

 

広大な草原を見渡すことができるサイトは、思わず叫びたくなるくらい気持ちよかったです!!

 

どんな場所なのか?

どんな景色なのか?

 

しっかり写真に収めてきましたので、ぜひご覧ください。

 

どうぞ(・∀・)/

 

森のまきばオートキャンプ場の紹介 

アクセスは?

館山道の姉崎袖ヶ浦ICより、約10分

もしくは、

圏央道の木更津東ICより、約10分

という好立地。 

 千葉市内から、約40分

神奈川方面からだと、アクアライン経由で約1時間で着くことができます。

(渋滞にハマると、もう少しかかりますがね)

 

買い出し

キャンプ場から10分圏内に、スーパーがあります。 

スーパー伊藤は、ローカルな雰囲気で居心地よかったです。

必要最低限の食材は揃えられますよ。 

 

肉の種類は豊富で、松坂牛などの高級肉が計り売りされていました!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223806j:plain

他には、尾張屋 横田店」もキャンプ場から10分圏内の位置にあります。

 

どんなキャンプ場?

 キャンプ場の入り口です。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223800j:plain

看板が立っているので、迷うことはまずないでしょう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223750j:plain

かなりの急坂を上っていきます。

(ちょっと怖かった・・・)

 

ところどころ、路面がデコボコしているので、運転には気をつけてください。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223739j:plain

 坂を登りきったら、受付があります。

 

・バイク1台 1600円

・チェックイン10時〜15時まで

・チェックアウト16時

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223729j:plain

 

 

設備

主な設備は、炊事場。

全部で5箇所あります。

ちなみに、お湯も出るそうです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223725j:plain

炭入れ、ゴミ出しも分別すればOK。

 

ただし、「ガス缶」「空きビン」「電池」「キャンプ用品」などは持ち帰りです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223715j:plain

ゴミ捨てOKは、バイク乗りからしたらマジでありがたい・・・

 

「空きカン」「生ゴミ」「燃えるゴミ」「ペットボトル」を捨てることができました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223706j:plain

場内には、洗濯機も2台ありました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223657j:plain

トイレは、場内に4箇所。

ちなみに、水洗トイレで清潔ピカピカでした。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223653j:plain

コインシャワーは、場内の2箇所に設置。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223649j:plain

自動販売機のお値段も良心的ですね。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223644j:plain

バイク乗りにはあまり関係ないかもしれませんが、ドッグランもあります。

小型犬エリアと、中・大型犬エリアが別々に区切られていました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223639j:plain

管理棟の売店では、最低限の物品が売られていました。

 

売店の営業時間は、8時〜17時です。

 

・炭、薪

・着火剤

・お菓子、アイスの種類は豊富

・酒(スーパードライ・キリンラガー)

などなど

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223635j:plain

管理棟では、「30分300円・60分600円」でマウンテンバイクを借りることができます。

 

キャンプ場の外周をグルッと回ることができ、個人的にはかなり面白かったです!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223631j:plain

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223624j:plain

ダート区間を駆け抜ける爽快感はたまりませんよ!!

ケガに注意して楽しんでください!!

 

 

 

サイトの風景

キャンプ場の眺望はこんな感じです。

 

AC電源サイト

ACサイトは、キャンプツーリングではまず使わないので写真少なめ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223613j:plain

 

フリーサイト

今回テントを張った場所は、赤丸のところ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223607j:plain


(受付をしたさいに、こちらの案内地図を手渡されました)

 

トイレや炊事場からは離れてしまいますが、見晴らしは抜群です。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223603j:plain

ちなみに、フリーサイトまでの道は砂利ダートの区間があります。 

 

小石が浮いていますが、ハンドルがとられることはありませんでした。

慎重なクラッチ操作と徐行運転すれば、まずコケることはないでしょう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223559j:plain

金曜の12時くらいだとこんな感じです。

平日休みは最高ですよ・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223551j:plain

人気のキャンプ場なので、土曜になるとゾクゾクと人が押し寄せ、張る場所にかなり難儀します。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223546j:plain

写真では伝わりづらいですが、ところどころ傾斜しています。

 

(ちなみに、ぼくがテントを張ったサイトの一番奥側は、比較的フラットな地形なのでオススメです!!)

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223540j:plain

近くには「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」があり、車やバイクの走行音が聞こえてきます。

 

ぼくはBGMとして聞き流せました(むしろ心地よかったw)が、神経質な人は「うるさい」って感じるかもしれませんね。

 

サイトの一番奥の方にテントを張ったので、グオゥングオゥンと迫力あるサウンドを楽しむことができました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223537j:plain

地面が柔らかいので、スタンドホルダーがあると便利!!

 

カマボコの板や、空き缶でも代用できるので、携帯しておいて損はないです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223532j:plain

 

夕暮れ時は、 草地全体がオレンジ色に輝きます。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223526j:plain

夜は星もチラホラ見えます。

しかし、はっきりとした星景写真を撮るのは難しいかも・・・w

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223520j:plain

早朝は朝霧が立ちこめて、幻想的な情景に出会うことができました。

 

気象条件が整えばキャンプ場全体がベールに包まれるので、ぜひ、シャッターチャンスを狙ってみてください!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223516j:plain
下の写真は、土曜日の11時頃の風景です。

良い場所はすぐに埋まっちゃいますw

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223511j:plain

「森のまきばオートキャンプ場」のホームページです↓↓↓

www7b.biglobe.ne.jp

 

 

近くのツーリングスポット

下道で30分のところに、「海へと続く電柱」があります。

f:id:ninjalifegudaguda:20190911212312j:plain

5年前は閑散としていましたが、某SNS効果で一気に観光地化しましたね。。。

密漁を監視する小屋へと電気を送るために設置された電柱は情緒があり、ツーリングスポットに組み込むのは「アリ」 だと思います。

f:id:ninjalifegudaguda:20190911212253j:plain

おすすめな時間帯は、「冬の雲がない夕暮れ時」ですね。

f:id:ninjalifegudaguda:20190911212306j:plain

冬の時期は空気が澄んで海風が冷たく、見学する人は夏に比べると少なくなるので、狙い目です。

 

 

 

最後に

森のまきばオートキャンプ場は、都心からも近く、冬でもキャンプツーリングすることができるのでバイク乗りにはありがたいですね。

 

ただ、週末は混雑するので、落ち着いてまったりしたい方は平日に訪れることをオススメします。

 

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。