そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『第1弾』マジでおすすめな千葉のキャンプ場5選!!(冬のソロキャンプツーリング もOKです)

f:id:ninjalifegudaguda:20210502215831j:plain

(記事作成2019.6.2更新2021.2.25)

 太平洋に面している千葉県は、比較的温暖な気候のため、冬の時期にもバイクに乗ることができる数少ないエリア。

 

そんな千葉県には、自然豊かで魅力的なキャンプ場が、たっくさんあることをご存知でしょうか?

 都心から2時間かからずに自然と触れ合うことができるなんて、最高ですよ!!

 

キャンプツーリングの候補地選びの参考までに。 

*中国ウイルスの影響で、営業日や時間が変更されている可能性があります。ホームページをご覧の上、最新の情報を確認してください

千葉県のおすすめキャンプ場 5選

キャンプ場の景色を中心に掲載しています。

 

各キャンプ場の詳細な設備は別の記事にまとめましたので、そちらもご一読していただければイメージがつきやすいかと。

 

お台場海浜庭園キャンプ場

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061733j:plain

 千葉県館山市にある「お台場海浜庭園キャンプ場」 

予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「13:00」

・チェックアウト「12:00まで」

・バイク1台・大人1人「2000円」

ゴミ持ち帰り!!

・風呂は大人600円。シャワーのみなら300円(受付で料金を支払います)

(キャンプ場のホームページ↓↓↓)www.odaibakaihinteien.jp

  

ロケーションは、千葉のキャンプ場の中でNo.1だと思う。

キャンプ場全体を見下ろすとこんな感じ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061832j:plain

フリーサイトなので、通路以外だったらどこにでもテントを張ってOK!

(ちなみに、遊泳は禁止!!)

 夕暮れ時の光景は、息をするのを忘れるくらい美しかった。

f:id:ninjalifegudaguda:20190717220628j:plain
大自然の中で飲むお酒は格別。

ぜひ、非日常を満喫していただきたい。

補足ポイント!!

海沿いなので、ときおり、風が強く吹きます。ペグをしっかり打たないとテントやタープが飛ばされますので、当日の天候には注意してください

  (ぼくの体験記事です↓↓↓)

  

 

 オレンジ村オートキャンプ場

f:id:ninjalifegudaguda:20190818160025j:plain

南房総市に位置する「オレンジ村オートキャンプ場」

予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「9:00」

・チェックアウト「14:00。ただし、連休は11:00まで」

・バイク1台・大人1人「1600円」

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

・園内に、シャワーがあります

 (キャンプ場のホームページ↓↓↓)

orangemura.com

テントを張る場所は、 第一キャンプ場と、第二キャンプ場の2ヶ所ある。

 

第一キャンプ場は景色がひらけており、高台から見下ろすかたちでテントを張ることが可能。

 

この場所はめちゃくちゃ人気で、チェックインと同時にテントで埋まったw

f:id:ninjalifegudaguda:20190818160029j:plain

第二キャンプ場は、ミカン畑を抜けた先にある。

 

第一キャンプ場と比べると人は少なく、落ち着いてキャンプしたいならオススメ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190818160050j:plain

 ちなみに、こちらのキャンプ場は・・・

 薪が使い放題!! 

(まあ、薪っていうより材木ですがね笑)

f:id:ninjalifegudaguda:20190818155921j:plain

設備が整っていて良心的な利用料なので、初めてのキャンプツーリングを予定している方にもおすすめなキャンプ場だ。

(ぼくの体験記事です↓↓↓)

  

 

 

 成田ゆめ牧場オートキャンプ場

f:id:ninjalifegudaguda:20190806225433j:plain

 成田市にある、牧場に隣接した高規格なキャンプ場。

予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「9:00〜16:00まで」(冬季は時間変更あり) 

・チェックアウト「17:00まで」

・バイク1台・大人1人「2900円」

・キャンパー優待特典「900円」(牧場とキャンプ場を自由に行き来可能)

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

透明な袋のみ(管理棟で購入できます)レジ袋など半透明な袋は不可

・園内に、コインシャワーあり

 (キャンプ場のホームページ↓↓↓)

www.yumebokujo.com

圏央道の下総ICから、たったの2分で着ける立地の良さが魅力的だ。

「A・B・C」のAC電源サイト3ヶ所と、「D・E・F・G」の4ヶ所のフリーサイトに別れている。

それぞれのサイトに特徴があるので、詳しくはホームページかぼくの体験記をご覧ください。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806225247j:plain

キャンプ場を利用の際は「キャンパー優待入場券」を一緒に申し込むのがおすすめだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806225537j:plain

キャンプ場でまったりしたら、牧場の動物たちと触れ合い、グルメに舌鼓をうち、有意義に過ごすことができる。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806225457j:plain

ソロキャンプだとちょっと高いと感じるかもしれないが、キャンプ場が牧場と併設しているので、複数人(とくに親子やカップルライダー)で行くと、より一層楽しむことができるでしょう。  

(ぼくの体験記事です↓↓↓)

 

 

 森のまきばオートキャンプ場

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223551j:plain

 地面にねっ転がって昼寝しちゃいそうになる、だだっ広い草原がとっても気持ちいい「森のまきばオートキャンプ場」  

予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「10:00〜16:00まで」

・チェックアウト「16:00まで」

・バイク1台・大人1人「1800円」

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

・園内に、コインシャワーあり

 (キャンプ場のホームページ↓↓↓)

www.morimaki-camp.com

 千葉市内からは、館山道で約40分。

神奈川方面からは、アクアライン経由で約1時間で着くことができる。

袖ヶ浦市は工業地帯なイメージだが、このような牧歌的な風景が広がっているとは・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223603j:plain

広大に敷きつめられた緑のじゅうたんと、遮蔽物がなく解放感たっぷりの風景は、ライダーならきっと気にいるはず!! 

 

(ぼくの体験記事です↓↓↓)

 

  

 大房岬キャンプ場

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223420j:plain

南房総市にある、林間に佇む「大房岬キャンプ場」 

  • 予約必要
  • 乗り入れ不可
  • チェックイン「13:00〜16:30まで」
  • チェックアウト「11:00まで」 
  • バイク1台・大人1人・テント1張り「630円」

→タープを張るさいは、プラス620円(テント+タープで1240円)

  • 燃えるゴミは「南房総市指定のゴミ袋」に入れて捨てましょう(ビジターセンターで購入可)

→ペットボトル、ビン、カンは専用のゴミ箱に入れてください

  • 園内に、コインシャワーあり

隣接しているホテル「MINAMIBOSO」で日帰り入浴OK!!

 (キャンプ場のホームページ↓↓↓)

taibusa-misaki.jp


第一キャンプ場と第二キャンプ場の2ヶ所ある。

 

第一キャンプ場は、ソロキャンパーや、バイク乗りに人気。

f:id:ninjalifegudaguda:20190806223334j:plain

 第二キャンプ場は、ファミリー層のお客さんが多かった。

 

千葉県には1000円以下で泊まることができるキャンプ場は少ない。

そんな中「大房岬キャンプ場」の630円という低料金は、とてもありがたい のである。

 

(ぼくの体験記事です↓↓↓)

  

千葉のキャンプ場、まだまだあります!!

こちらの記事にも、バイク乗り向けなキャンプ場の紹介をしている。

f:id:ninjalifegudaguda:20210430160239j:plain

紹介しているキャンプ場は、

  • 花はなの里オートキャンプ場
  • 千石台オートキャンプ場
  • 風の村オートキャンプ場
  • 内浦山県民の森キャンプ場
  • 大原上布施オートキャンプ場

といったラインナップになっている。 

 今回の第1弾とあわせて見ると、キャンプ場の選択肢が増えるので、どうぞ参考までに。 

 

 

千葉のツーリングスポット

おすすめスポットも紹介させていただきました。

f:id:ninjalifegudaguda:20200916154736j:plain

キャンプ翌日の目的地にいかがでしょうか?

 

 

最後に

都心からほど近い場所に、自然豊かな光景が広がっている千葉県のキャンプ場。

 

週末は日常の喧騒から逃れて、フラッとキャンプしてみてはいかがだろうか?

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

テントや焚火台などの人気商品を多数取り扱い中!アウトドアグッズを探すならサンデーマウンテンで!