そぞろ歩きな日々

バイク旅の記録や日常で学んだこと、興味を持った事に挑戦するブログ

「まとめ記事」心が揺さぶられた千葉県のおすすめキャンプ場5選 !![バイク乗り向けです]


(更新2019.6.2)

 

太平洋に面している千葉県は、比較的温暖な気候のため、冬の時期にもバイクに乗ることができる数少ないエリアですよね。

 

そんな千葉県には、自然豊かで魅力的なキャンプ場が、たっくさんあることをご存知でしょうか?

 

都心から2時間かからずに自然と触れ合うことができるなんて、最高ですよ!!

 

今回は、ぼくが実際に訪れたおすすめなキャンプ場を5つ紹介させてください。

 

どうぞ(・∀・)/

f:id:ninjalifegudaguda:20190531215926j:plain

千葉県のおすすめキャンプ場 5選

 キャンプ場の景色を中心にまとめました。

 

千葉のキャンプ場をお探しの方、キャンプツーリングを予定している方、バイクに乗らない方も、

「こんな場所があるんだ!!」

って、感じていただけたら幸いです。

 

お台場海浜庭園キャンプ場

2019年4月訪問

 千葉県館山市にある「お台場海浜庭園キャンプ場」

 

お台場海浜公園じゃないですよw

ロケーションは、千葉のキャンプ場の中でも群を抜いています!!

 

 キャンプ場全体を見下ろすとこんな感じ。

管理棟付近は、小石が敷きつめられています。

 

慎重なクラッチワークを心がけてください。

オフ車なら余裕でしょうが、スポーツタイプのバイクだと、ちょっと緊張するかもね・・・w

海を眺めながらキャンプは、めっちゃ贅沢!!

空気が澄んでいる冬の早朝は、対岸に富士山をはっきり望むことができます。

ぼくが訪れた時期は4月上旬。

土曜日にもかかわらず、宿泊者は5組ていどでした。

 

ただ、大型連休中はテントで埋め尽くされるそうな。

フリーサイトなので、通路以外だったらどこにでもテントを張ってOK!

(遊泳は禁止です!!)

 

夕暮れ時の光景は、息をするのを忘れるくらい美しかったです!!

大自然の中で飲むお酒は格別ですよ!!

ぜひ、非日常を満喫してください!!

 

基本情報

・予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「13:00」

・チェックアウト「12:00まで」

・バイク1台・大人1人「2000円」

・ゴミ持ち帰り!!

・風呂は大人600円。シャワーのみなら300円で入れます(受付で料金を支払います)

 

*海沿いなので、ときおり、風が強く吹きます。ペグをしっかり打たないとテントやタープが飛ばされます。ポールが折れる懸念もありますので、当日の天候には注意してください

 

お台場海浜庭園のホームページです↓↓↓

オートキャンプ

 

 

 オレンジ村オートキャンプ場

2019年1月訪問

南房総市に位置する「オレンジ村オートキャンプ場」

 

その名の通り、キャンプ場の周りはミカン畑が広がっています。

テントを張る場所は、 第一キャンプ場と、第二キャンプ場の2ヶ所あります。

 

第一キャンプ場は景色がひらけており、高台から見下ろすかたちでテントを張ることができます。

 

この場所は、めちゃくちゃ人気で、チェックインと同時にテントで埋まりましたw

第一キャンプ場の奥には、広場みたいなスペースがあります。

 

複数名でこられたバイク乗りは、こちらに集まることが多いです。

第二キャンプ場は、ミカン畑を抜けた先にあります。

通行の際は、ミカン狩りのお客さんに気をつけましょう。

 

バイクだと気になりませんが、車同士だとすれ違うの無理だと思う・・・

 第二キャンプ場はひらけた景色を望むことはできません。

 

しかし、第一キャンプ場と比べると人は少なく、落ち着いてキャンプしたいならオススメ。

このひっそり感がたまりません!!  

f:id:ninjalifegudaguda:20190122225242j:plain

ちなみに、こちらのキャンプ場は・・・

 

薪が使い放題です!!

 

(まあ、薪っていうより材木ですがね笑)

焚き火をする人は、ノコギリや鉈を持参しましょう。

長いものだと2Mありました。

 

20時頃に管理人さんから「サバ」を頂きました!!

宿泊者に配っているそうな。

こういった素朴な優しさがありがたいですね。

 

基本情報

・予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「9:00」

・チェックアウト「14:00。ただし、連休は11:00まで」

・バイク1台・大人1人「1500円」

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

・園内に、シャワーがあります。

・サイドスタンドが地面にめり込みやすいので、スタンドホルダーや潰した空きカンを準備しとくと便利です

 

オレンジ村オートキャンプ場のホームページです↓↓↓

南房総オレンジ村オートキャンプ場・千倉オレンジセンターみかん狩り


 

 成田ゆめ牧場オートキャンプ場

2019年3月に訪問

 

成田市にある、牧場に隣接した高規格なキャンプ場。

動物好きなライダーなら気にいるはず!!

 

圏央道の下総ICから、たったの2分で着けますよ。 

「A・B・C」のAC電源サイト3ヶ所と、「D・E・F・G」の4ヶ所のフリーサイトに別れています。

 

下の写真は電源Bサイト。

土曜日にもなると、多くの家族連れで賑わっており、電源サイトは満杯になっていました。

 おすすめはEサイト。

他のサイトより一段低い場所にあり、ひっそり感があります。

この場所だけ人が少なく、かなり落ち着いてキャンプできました。

ロケーションを重視するなら、Gサイト!!

キャンプ場の中で一番広いサイトで、開放感があります。

 

ちなみにGサイトは、隣接する牧場に一番近いです。

キャンプ場の利用者には特典がっ!!

 

チェックアウトの日まで何度でも牧場に出入りができる「キャンパー優待入場券」がオススメです!!

キャンプ場でまったりしたら、牧場の動物たちと触れ合い、グルメに舌鼓をうち、有意義に過ごすことができますよ!!

牧場のソフトクリームは格別です!!

キャンプ場が牧場と併設しているので、複数人(とくに親子やカップルライダー)で行くと、より一層楽しむことができるでしょう。

  

基本情報

・予約必要(前日の夜にネット予約しました)

・乗り入れOK!!

・チェックイン「9:00〜16:00まで」

→冬季(12〜2月)は、平日10:00〜15:00。休日9:30〜16:00になります。

 

・チェックアウト「17:00まで」

・バイク1台・大人1人「2600円」

・キャンパー優待特典「900円」(牧場とキャンプ場を自由に行き来可能)

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

透明な袋のみ(管理棟で購入できます)レジ袋など半透明な袋は不可

 

・園内に、コインシャワーあり

・サイドスタンドが地面にめり込みやすいので、スタンドホルダーや潰した空きカンを準備しとくと便利です

 

 成田ゆめ牧場オートキャンプ場のホームページはこちらから↓↓↓

ゆめ牧場

 

 

 森のまきばオートキャンプ場

2019年5月に訪問

 

地面にねっ転がって昼寝しちゃいそうになる、だだっ広い草原がとっても気持ちいい

「森のまきばオートキャンプ場」 

 千葉市内からは、館山道で約40分。

神奈川方面からは、アクアライン経由で約1時間で着くことができます。

 

都会からは抜群のアクセス良さです!!

 

フリーサイトに向かう道のりは小石が浮いている、砂利砂利ダート。

オン車は気をつけて走行してください!!

 袖ヶ浦市は工業地帯なイメージですが、このような牧歌的な風景が広がっているとは・・・

驚きです(≧∀≦)/

自然に囲まれて、非日常感を存分に味わえます!!

管理棟では自転車を貸し出しています(30分300円。60分600円)

 

キャンプ場の外周をグルッと走ることができますよ!!

 両サイドに木々が茂るなか、デコボコした不整地を走り抜ける爽快感は、都会ではなかなか味わえませんよね。。。

夜はこんな感じ(・∀・)v

 

基本情報

・予約必要

・乗り入れOK!!

・チェックイン「10:00〜16:00まで」

・チェックアウト「16:00まで」

・バイク1台・大人1人「1600円」

・分別したら、ゴミ捨てOK!!

・園内に、コインシャワーあり

・サイドスタンドが地面にめり込みやすいので、スタンドホルダーや潰した空きカンを準備しとくと便利です

 

キャンプ場のホームページです↓↓↓

http://www7b.biglobe.ne.jp

 

 

 大房岬キャンプ場

南房総市にある、林間に佇むサイト。

それが「大房岬キャンプ場」です。

 

ちなみに、宿泊料金は620円!!

リーズナブル(*゚▽゚*)

 乗り入れ不可です。

バイクは管理棟(ビジターセンター)の横に駐車スペースがあります。

荷物はサイトまで、リアカーで運搬w

 第一キャンプ場と第二キャンプ場の2ヶ所あります。

 

第一キャンプ場は、ソロキャンパーや、バイク乗りに人気。

 第二キャンプ場は、ファミリー層のお客さんが多かったです。

大房岬は国定公園

第二キャンプ場より歩いて5分ほどで、風光明媚な海岸があります。

1000円以下で泊まることができるキャンプ場は、千葉県にはなかなかありません。

 

そんななか、「大房岬キャンプ場」の620円という料金の安さは驚異的です!!

  

基本情報

・予約必要

・乗り入れ不可

・チェックイン「13:00〜16:30まで」

・チェックアウト「11:00まで」

 

・バイク1台・大人1人・テント1張り「620円」

→タープを張るさいは、プラス620円(テント+タープで1240円)

*2019.10月に630円になります!!

 

燃えるゴミは「南房総市指定のゴミ袋」に入れて捨てましょう(ビジターセンターで購入できます)

ペットボトル、ビン、カンはゴミ箱に入れてください

 

・園内に、コインシャワーあり

隣接しているホテル「MINAMIBOSO」で日帰り入浴OK!!

 

ホームページです↓↓↓ 

大房岬自然公園

 

 

最後に

都心からほど近い場所に、自然豊かな光景が広がっている千葉県のキャンプ場。

 

週末は日常の喧騒から逃れて、フラッとキャンプしてみませんか?

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。