そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

「長野」夏の八方尾根。長野に避暑ツーリング!! 第2部(ninja650)

f:id:ninjalifegudaguda:20200908142433p:plain

(記事作成2020.9.9 更新2020.9.9)

前回は、絶景の黒菱ラインを走ったところで区切った。 

 

さて、これより第2部のたび日記です。

それでは、どうぞー(・∀・)/ 

 

八方尾根、悠々散歩

黒菱ラインの終点は、ロープウェイの乗り場となっている。


ここから先は、リフトを乗り継いで「天上の池」へと歩みを進める。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130439j:plain

バイク専用の駐車場はない(ちなみに無料)

 

空いているスペースにninjaを潜り込ませた。

彼には木陰でしばし休憩してもらおう。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125401j:plain

まずは、1つ目のリフトを乗り「黒菱平」へと向かう。

乗車時間は8分ほど。

 

余談だが、高所恐怖症の人は発狂すると思う・・・w

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130246j:plain

休憩施設があるので、ここでチキンカレーを食す。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125321j:plain

目の前に広がる白馬の山並みを眺めつつ、スパイシーなカレーを頂いた。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130151j:plain

腹が満たされたので、お次は、標高1880mの「八方池山荘」のリフトへ乗り継ぐ。

 

風光明媚な情景に眼福。これだけでも十分に絵になる。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823190308j:plain

 リフトを降りると、ひたすらに「八方池」へとトレッキング。

 

予想以上に足下が悪くアップダウンが激しいので、体力の消耗が著しい。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130255j:plain

当然、山道に自販機はないので、飲み物はあらかじめ用意してから出発しよう!!

 

雲のまにまに現れる爽快な青空に、ここまでの疲労もすっかり忘れ見惚れてしまう。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130304j:plain

気温は18℃を少し下回るくらい。

 

夏場とは思えない涼しさだ。

体感的には、関東の5月上旬くらいの気候かな。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130219j:plain

ちなみに、ぼくの服装は「半袖・ジーパン・ライディングシューズ」といった具合。

 

マジな風貌の登山客もいるが、スニーカー&ワンピースを纏う、ふつうの観光客もたくさん見受けられた。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125433j:plain

ただ、最低限

  • 飲み物の確保(途中、喉が乾いても休憩施設はありません)
  • 厚手の靴(ゴツゴツした岩が転がっているので、生地が薄いスニーカだとキツい・・・)
  • 薄い長袖(標高があるところは肌寒いから)

は用意したほうがいいだろう。 

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125355j:plain

まるで、天空を散歩しているかのよう。

背伸びして深呼吸すると、プカプカと浮かぶ雲に両手が届きそうだ。


関東ではお目にかかれない自然造形美に高揚し、カメラに手をかける人差し指は忙しなく上下している。

 

さあ・・・目的の八方池までもうすぐかな??

 


天上の池(山嶺の瞳)

八方池山荘のリフトから、約2時間かけてたどり着いた先で見たもの・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125438j:plain

標高2060mの パノラマビューは、日本離れした北欧のような世界が広がっていた。

 

白馬三山の無骨な山肌が剥き出しになっている隙間を縫うように、残雪が覆いかぶさっている。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125442j:plain

ゴツゴツした岩から「タカネマツムシソウ」が生えでていた。

 

晴明な夏の情景と、豪快に流れゆく雲の一行が水鏡に映しだす光景は・・・

ハンパじゃない・・・・!!!

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125446j:plain

なかなかハードな工程だが、その苦労をなんとか乗り越えて到達した達成感は素晴らしく、筆舌に尽くしがたい。

 

ときおり吹く透き通った夏風に、植物が揺らぐ情景はすこぶる気持ち良い。

 

あぁ、至極なひとときだ・・・。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823130314j:plain

池のほとりをグルっと周るとこんな看板があった。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823190313j:plain

自分のような軽装備では、これ以上先は危険だな。

 

調べたところによると八方池より600mほど登り、標高2696mの唐松岳へと続いているらしい。

 後ろ髪ひかれながらも下山するとしますか!!

 

八方尾根の詳細な情報は、ホームページよりご確認ください。

www.happo-one.jp

 

 

 湿気と暑さで蒸された関東へ

さて、来た道を戻りましょう。

 

下るだけなので身体的にはかなり楽。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125428j:plain

リフトからの眺めは抜群。

 

初秋の時期だと、また違った風景が広がっているのだろう。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125345j:plain

黒菱ライン経由だと営業期間は7/1〜10/18までと短いので、観光する際は、訪問時期に注意が必要だね。

 

ninjaさんのもとに戻り、あとは付近の道を気ままにそぞろ走る。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125451j:plain

地上に降りてくると、さすがに暑い。

直射日光が容赦なく肌を突き刺す。それでも湿気がないぶん、関東の暑さよりは10000倍マシ。

 

フラフラ走っていたら、国道から外れて小道に迷い込んでしまった。

時間には追われてないので、川縁でボーッとしながら、晩飯とお風呂の場所を地図で探してみる。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125406j:plain

 調べたところ、近くに道の駅ポカポカランド美麻を発見。

 

温泉とレストランが併設されている、なんとも有り難い施設だ。 

駐車場は、ほぼ満車。車中泊している人もちらほら見受けられる。

 

バイク用の駐車場はないので、空いてるスペースに停めるとしよう。

(*宿泊予約をしているライダーは、シャッターつきの車庫へ停められるそうです!! )

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125411j:plain

ちなみに、入浴料は600円タオルも売っている(別料金)ので、手ぶらで気軽に入ることができる。

もちろん、ボディーソープ類も完備。

 

詳しい情報はホームページよりご確認ください

miasa-pokapokaland.com

 

 汗を流し終えたらレストランへ。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125415j:plain

このままビールで一杯・・・は無理なので、ジンジャーエールで我慢我慢。。。

  

そして、10時〜19時の間、無料で休憩できるスペースでしばし仮眠をとる。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125419j:plain

目を覚ますと時刻は18:50を示していた。

 

辺りは宵闇に包まれているのが窓越しから確認できる。

 

どうやら、昼間の強烈な日差しは、すっかり鳴りを潜めたようだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20200823125423j:plain

暗がりのなかエンジンを始動させる。

あとは、ひたすらに我が家へと向かうだけ。 

 

束の間の休息だったが、とても濃密で情緒的な思い出を作ることができた。 

例年のようにバイクで気軽に出かけられる状況ではないが、自分なりの楽しみ方を見つけながら、なんとかこの苦境を乗り越えようと改めて思った。

 

さあ、もうすぐツーリング・キャンプシーズンの秋の季節がやってくる。

もし時間ができたら、どこへ行こうかな?妄想は膨らむばかりだ・・・

 

2020年、盛夏の八方尾根ツーリング、最後までご覧いただき、ありがとうございました。