そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『山梨』椿荘オートキャンプ場に車で行ってきた体験談!!(ソロキャンプ)

f:id:ninjalifegudaguda:20210327093233p:plain

 (記事作成2021.3.27更新2021.3.31)

山梨県の中でも人気のキャンプ場のひとつ「椿荘オートキャンプ場」

 

キャンプ場の風景を中心に紹介させていただきます。

どうぞ参考までに。

 アクセス

千葉方面からだと首都高〜中央道経由で約3時間かかる。

 

東京近郊は交通が集中するので朝、夕刻・週末はいつも混雑している。

渋滞を考慮して、時間には余裕をもって出発した方が良いだろう。 

 キャンプ場へと向かう国道413号線、通称「道志みち」はコーナーがきつく所々で道が狭くなっているので、速度を落とし注意して運転しよう

 

とくに土日はライダーやロードバイクが多いので、思いがけない事故にはくれぐれもお気をつけて。。。

補足

たまーに、とんでもない速度のバイク乗りがいます。

そういうときは焦らず・怒らず、ハザード点けて抜かせてあげましょう。

 

 

基本情報

  • チェックイン12時(空いていたら9時から受付可能!!)
  • チェックアウト11時
  • 車ソロキャンプ2000円(平日1500円)
  • バイクソロキャンプ1700円(平日1200円)

*料金は繁忙期、閑散期で異なります。詳しくは電話で直接確認してください 

  •  ソロ・少人数なら予約不要
  • ゴミ持ち帰り!!
  • 乗り入れOK!!
  • 通年営業

tubakiso.com

 

 

買い出し場所は?? 

相模原方面から

相模原方面からだと「マルエツ三ヶ木店」が便利だと思う。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092347j:plain

付近にはホームセンターもあるので、簡単なキャンプ用品なども揃っているのでとてもありがたい。  

 

 

山中湖方面から 

 山中湖を経由してキャンプ場へと向かうなら「オギノ山中湖店」 がオススメだ。

いずれにせよ、キャンプ場の付近に買い出し場所はまったくないので、買い出しは予め済ませておいたほうが無難である。

 

 

どんなキャンプ場??

キャンプ場の入り口 

相模原方面からだと左手に看板が見えてくる。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092437j:plain

看板の案内に従い橋を渡る。

ちなみに、晴れていたら進行方向右手に富士山の美しい頂を見ることができる。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092441j:plain

突き当たりの駐車場に車両を置き、まずは、椿荘にてキャンプ場のチェックインの受付をしよう。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092445j:plain

受付を済ませたらキャンプ場へと向かう。

車1台分のギリギリな狭い道なので、対向車には十分に気をつけよう。。。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092359j:plain

 

お風呂は??

受付時に申し込めば、椿荘の浴場を使わせていただくことも可能(300円)

他には「紅椿の湯」が近隣にあるので入浴施設に困ることはなさそうだ。

 

 

サイトの風景

サイトは、中央の森・北・南・西の4つのエリアに分かれている。

 

サイト自体はそれほど広くはないものの、エリアそれぞれに情緒があるので、どこの場所に設営しようか迷ってしまった。

余談だが、ぼくが行ったときはサイト指定されることなく、気に入った場所に自由に張ることができた。

 

 

中央の森

地形はフラットなので設営に難儀することはないだろう。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327093049j:plain

印象としては、ソロ利用よりも複数人でキャンプする人向けかな。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094620j:plain

炊事場・トイレが目の前にあり利便性は抜群なので、ここに張る人はかなり多かった。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094624j:plain

場所によっては陽当たりや風通しも良いので、初めて利用する人やグループ利用にはオススメできる。

 

 

北の森

木々に囲まれていて深閑としているので、ひっそりキャンプしたい人向け

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092412j:plain

焚き火のパチパチ音と鳥のさえずりのBGMに身を任せられる、とても落ち着いた雰囲気のエリアだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094609j:plain

このエリアはソロ利用の人がほとんどだった。

とくに閑散期の平日だと、かなりのボッチ感を演出することができるだろう。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094613j:plain

今回は車で行ったけど、バイクで訪れたときも北の森エリアを利用したいと思う。

 

 

南の森

いちばん高台に位置している南の森。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094628j:plain

テントを張ることができるスペースが広いので、大型のテントでもとくに問題なく設営可能。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094636j:plain
サイトまでの道も走りやすいので、オンロードタイプのバイクでも運転にそこまで気を使うことはないと思う。

サイトの奥側のほうではバイク複数台のグループもいたので、南の森はライダーにはオススメのエリアだ。



西の森

西の森は、椿荘キャンプ場の中でいちばん人気なエリアだ。

雑誌の紹介記事でも、だいたいがここの風景を切り取ったものとなっている。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094643j:plain

木々に囲まれたサイトの他に・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094648j:plain

椿沢沿いにテントを設営できるので

「これぞアウトドア!!」

といった最高の雰囲気の中でキャンプができる。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092424j:plain

沢の流れる音がとても心地良い。

西の森は、非日常な世界を満喫できること間違いなしだ。

ただ、人気のエリアのためチェックインと同時に埋まることもあるので、テント設営はできれば早めのほうが無難かもしれない。

 

 

設備紹介

トイレは、中央の森と南の森付近にある。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327092419j:plain

水洗式で、掃除も行き届いているので安心して使うことができた。

 

炊事場は、それぞれのエリアに設置されている。

(南の森エリアの炊事場↓↓↓)

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094631j:plain

(北の森エリアの炊事場↓↓↓)

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094605j:plain

自動販売機は、西の森エリアの近くに置いてある。

f:id:ninjalifegudaguda:20210327094639j:plain

ただ、最低限の飲み物しかないので、買い出しはキャンプ場に着く前にしっかりと済ませておこう。

 

 

最後に 

椿荘オートキャンプ場は、平日だと車のソロキャンプで1500円という安さで、木々に囲まれた情緒あるロケーションがとても気持ちよかった。

 

道志近辺でも高い人気を誇るキャンプ場なので週末は混雑するかもしれないが、低料金・予約不要で気軽に利用することができるのはとっても嬉しい。

 

とくに、平日にソロキャンプするならオススメなキャンプ場なので、ぜひ自然を満喫した非日常を味わっていただきたい。

最後までご覧いただきありがとうございました。