そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『大型トラック免許』合宿チャレンジ体験談!!!(4日目)

f:id:ninjalifegudaguda:20201212110926p:plain

(記事作成2020.12.12更新2020.12.12)

前回の教習体験談は、以下の記事よりご覧いただけます。

 さてさて、4日目の教習はどんな内容なのか?? 

 教習7時限目

 1段階の教習はぜんぶで11時限ある。

今回で7時限なので、あと残り4つで修了検定らしい・・・

 

しょうじき、今現在の心境として

修了検定、受かるの無理じゃねーか・・・?」 

ってくらい運転に不安がある。 

 

初日から比べるとちょっとマシになったけど、まだまだガチガチに緊張してしまうね。。。

プロドライバーの方も最初はこんな感じだったのかな・・・??

 

S字走行

さて、今回はS字を走行させてみよう。

 

狭い通路に巨体なトラックを潜りこませるのだから、鼓動はバクバク緊張マックス!!!


大型免許 S字コース通行

でもこれ、実際にやってみたら

めちゃくそ面白い!!!

 

慎重な半クラッチ操作とハンドル操作が必須なのだけど、こういった細かい作業はめちゃくちゃ好き!!!

 

流れとしては、

  1. 右折でS字クランクの入り口に突入(オーバーハングが怖いので、曲がる際は後続車がいないことを要確認)

  2. 右ミラーで右後輪が脱輪していないか確認

  3. 左前輪が脱輪しないギリギリの位置まで左路肩に寄せる

  4. ハンドル操作はタイヤの位置に応じて、ゆっくり大きく回す

  5. あとは2.3.4の動作を半クラッチを使いながら、出口までゆっくり進める

という具合かな。

車体が両脇のポールに当たるとアウト、脱輪もNG、路肩に引かれている白線を踏むのもよろしくないので、かなり丁寧で繊細な運転を要求される

 

ああ、この動作ずっとやっていたい!!!

 

 

 後退・方向転換(おまけ)

本当は2段階の教習内容みたいだけれど、お試しでチャレンジさせていただいた。

大型車・中型車方向変換 必勝講座

右バック・左バックの両方やってみたけど、車体を真っ直ぐに停めるのはやっぱり難しい。

 

ハンドルの戻し方や切るタイミングは、場数を踏んで慣れていくしかないな。。。

でも、1段階では教習項目にないようなので、一連の流れを知っておくだけでいいかな。

 

 

教習8時限目

「この項目はみんな苦戦するけど、めげずに頑張ろうね!!」

指導員の方にそう言われた。

 

どうやら1段階の教習の最難関らしい。

ほう、じゃあやってみるとしましょうか。

 

隘路

隘路(あいろ)と読む。狭い道という意味だ。

 

道幅が狭い交差点に進入する場面を想定した訓練らしい。


【大型自動車】あい路のコツ ーアヤハ自動車教習所ー

直角に曲がって、両脇のラインに車体を入れる。

ただそれだけの操作なのだが、やってみると意外と難しい・・・

 

ハンドルを切るタイミングが肝だね。

回しすぎても回し足らなくても、ラインの中に入れることはできない。 

 

8回やってみたけど、満足いく操作ができたのは3回くらいだった・・・

 

うーむ。。。何回も繰り返して体で覚えるしかないな。

 

 

4日目教習まとめ

日を追うごとに、細かな運転操作や繊細なクラッチワークが必要な場面が多くなってきた。

 

毎日が初めて体験することばかりなので刺激的。

でも、自分の技量の未熟さを痛感して夜になるとヘコんでしまいます・・・

 

次回の教習は、今までの応用操作をしていくみたいです!!

 まずは4日目、最後までご覧いただきありがとうございました。