そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『大型トラック免許』合宿チャレンジ体験談!!!(2日目)

f:id:ninjalifegudaguda:20210502161024j:plain

(記事作成2020.12.10更新2020.12.11)

合宿免許2日目。

さて、本日も気合入れていきますか!!

教習3時限目 

昨日に引き続き、外周をグルグル周った。

 ただ、昨日より

  • 2速⇔3速⇔4速のギアチェンジを頻繁に実施
  • 滑らかなブレーキの使い方(早めにジワーッとかけていく)
  • コーナー進入の視線の移動
  • ハンドルの持ち方、回し方

を重点的に指導いただいた。

 

とくにハンドルの持ち方は、普通車に乗っているときのクセがでてしまった。

(内かけハンドル・ハンドルを切り戻すときに手放ししてしまうなどなど・・・)

 

大型トラックは普通車とはまったく違う乗り物なので、ハンドルの持ち方・回し方ひとつひとつが微妙に異なる。

まずは一旦、普通車で乗っていた経験や知見は隅に置いておかないとな。。。

 

 

教習4時限目

今回は、交差点の右左折を教えていただいた。


大型トラックの交差点での右折と左折について考察してみよう【大型運転手】

まず難しかったのは、交差点を直角に右折するとき、どれくらいハンドルを切ればいいのかという点。

右折するとき、

「えっ?まだハンドル切らないの??路肩に突っ込んじゃうよ!?」

ってくらい、ハンドルを回すのはゆっくりじんわり扱った。

 

ハンドルを一気に全開で回したり頻繁にグルグル回すのではなく、大きくゆっくり回すクセをつけるのが大切なのだと実感。

 

試行錯誤しながら3回くらい繰り返し練習したら、いささかマシにはなった。あとは、一連の動作をもう少しスムーズにできるように努力だな。

 

オーバーハングに気をつけよう!!!

トラックは、ボディが後輪の1〜2mほど後ろに出っ張っている。

この出っ張り部分が、右左折するときに隣の車線にはみ出してしまうこと、これが「オーバーハング」だ。


大型車両 ケツ振り リアオーバーハングの解説 大型トラック車載

 


大型車の目線 オーバーハング事故の瞬間

これ、意識しないと確実に事故を起こしてしまうだろうな・・・

 

 右左折するときは進行方向の交通状況の確認に加えて、

  • ミラーで車体のはみ出しがないか確認!!
  • 後続車両が接近していないか確認!!

が絶対必要なんだね。

 

確認するポイントが普通車に比べてたくさんあるので、運転はいつも以上に気を使わなきゃいけないと実感した。

 

 

 教習2日目のまとめ

初日に比べればギアチェンジの失敗や 、減速時のバタつきなどは軽減された。

 

車幅に関しては1日2日で慣れるのは無理なので、昨日より焦らずゆっくり動作を心がけられるようになったと思う。ほんの少しだけ進歩したかな・・・?

 

2日目最大のポイントは「オーバーハング」だったので、右左折するときは強く意識しなきゃな。。。なんとか食らいついて一つずつクリアしていきたい!!!

教習2日目の体験談、最後までご覧いただきありがとうございました。