そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

冷蔵庫・洗濯機はどうやって捨てればいいの??『安く済ませるなら家電リサイクル券一択!!』

f:id:ninjalifegudaguda:20210502161214j:plain

(記事作成2020.11.26更新2020.11.26)

  • 「冷蔵庫・洗濯機の捨てかたが分からない・・・」
  • 「実家に引越しするから、今ある冷蔵庫・洗濯機を廃棄したい・・・」

こんな疑問にお答えいたします。

 

正直、ちょっと面倒なことが多いですが、一つずつ見ていきましょう!!

 冷蔵庫・洗濯機を捨てる4つの方法

冷蔵庫・洗濯機は粗大ゴミで出すことはできない。ましてや、クリーンセンターに直接持っていくこともNGだ。

f:id:ninjalifegudaguda:20201125141237j:plain

なぜなら、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは家電リサイクル法により、資源の有効活用を促進する取り決めがあるからだ。

www.meti.go.jp


<経済産業省>3分アニメでわかる家電リサイクル法

じゃあ、どうすればいいのか・・・?

主に、以下の4つの方法があるので順に見ていこう。

 

回収業者にお願いする

これがいちばん楽。

自分で作業することなく業者がすべて対応してくれるので、ものぐさな人には最適だ。

 

ただし、これは業者選びをしくじると大変なことになってしまう・・・

処分料をぼったくられたり、見積もり以上の請求をされるなど、まともな業者に頼まないと痛い目にあう可能性もある。

 

ひとくちメモ

「無料で引き取りまーす」とアナウンスしながら走る軽トラがあるけど、彼らにぜったいにお願いしてはダメ!!

不法投棄されたりボられたりするので、関わってはいけません!!

 作業をお願いする業者を慎重に選ぶことができ、多少のお金(1万円以上は覚悟)を払うことが問題なければ頼んでもいいと思う。

 

回収業者まとめ
  • 業者任せなので、いちばん楽
  • 業者はたくさんあるので比較するのが大変かも・・・
  • 費用は1万円以上かかるのは覚悟したほうがいい
  • 業者選びが苦にならず多少のお金が用意できる人なら最適!!

 

 

自分が買った店に引き取りを依頼する 

 販売店は家電リサイクル法により、家電を販売したお店がリサイクルを受け付ける義務がある

したがって、自分が冷蔵庫・洗濯機を買ったお店に頼めば、すんなりと対応してくれる。

 

ただ、購入したお店を忘れた・・・お店が潰れてなくなった・・・ということもあるだろう。

 

そういうときは、お住まいの役所に相談するのも一つの手だ。

引き取り可能な小売店や業者を紹介してくれるので、まずは相談してみてはいかがだろうか。

 

ひとくちメモ

大手家電量販店(ケ○ズ・ヤ○ダなど)では家電回収サービスを提供している。

出張料・運搬料が別途必要(1000円〜数千円)だけど、どれくらいの費用になるのか相談してみるのもいいだろう。

 

購入した店に引き取りまとめ
  • 冷蔵庫などの家電は、自分が買った小売店には引き取り義務がある!!
  • お店を忘れた・潰れてなくなった場合は、役所に相談したらアドバイスをもらおう!!
  • 大手家電量販店でも家電回収サービスがある(出張料・運搬料が別途必要)

 

 リサイクルショップに持ちこむ・ネットオークションに出品する

 不用品(ゴミ)がお金に化けるので、うまくやればかなり美味しい方法だ。まさに、一石二鳥で理想的。

 

デメリットは、リサイクルショップは必ずしも査定してくれるとは限らない。

型式が10年以上と古ければ、買取拒否されることもあるので、期待し過ぎは禁物だ。

 

オークションも同様、ぜったいに落札される保証がないので、急ぎで処分したい人には向かないと思う。

 

ただ、こればかりは査定・出品してみないと分からないので、時間に余裕がある人ならチャレンジしてみる価値は十分にある

査定・オークションまとめ
  • ゴミがお金になる、とっても魅力的な方法!!
  • 必ず引き取ってもらえる、落札できる保証はない・・・
  • 確実性がないので急ぎで処分したい人には向かない

 

家電リサイクル券を用いる

f:id:ninjalifegudaguda:20201122111407j:plain

ぼくはこの方法で冷蔵庫・洗濯機を廃棄した。

この方法は、今まで紹介したなかで出費をいちばん抑えることができる

 

ただ、廃棄する家電を自分で運ぶなどの作業があるので、面倒くさがりさんには向かない方法だ。

大まかな手順としては、

  1. 郵便局の窓口でリサイクル料金を払い込む
  2. 払い込み用紙の控えを廃棄する家電に貼り付ける
  3. 指定された場所へ家電を自分で持っていく

という流れ。

すべて自分で作業することになるがリサイクル料金のみの支払いで済み、業者を介さないので「出張料・運搬料」など、余分な出費を抑えることができる

 ぼくは、ブラウン管テレビ・冷蔵庫・洗濯機の3点で7000円かからなかった

 

自家用車がある人や労力をいとわない人なら、費用はいちばんかからない方法なのでぜひ参考までに。

家電リサイクル券まとめ
  • 費用はいちばん抑えられる!!
  • ただ、郵便局に出向いたり、指定された場所に家電を自分で運ばなければならない

 

最後にまとめると・・・

以上の4つの方法から、個人的な見解は・・・

  • お金がかかっても自分で作業するのは面倒くさい・・・

→業者にお願いする!!

  • 買ってから5年も経っていないので、廃棄するのはもったいない・・・ 

→ネットオークション・リサイクルショップに持っていく!!

  • 自分で作業するのは構わない。とにかく安く抑えたい

→家電リサイクル券を用いて、指定場所へ持参する!!

 

って感じかな。

今回の記事が、少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。