そぞろ歩きな日々

バイク旅の記録や日常で学んだこと、興味を持った事に挑戦するブログ

福井にツーリング行ったよ!かなり自由な一人旅の記録 *第一部(ninja650)


(更新2019.4.28)

 

「遠くへ行きたい・・・」

 

「まだ見たことない景色に出会いたい!」

 

そんな感じで、なかば思いつきの一人旅が敢行されるのでした・・・

 

どうぞ(・▽・)/

f:id:ninjalifegudaguda:20190422203858j:plain


闇夜の移動

2019.4.16 (火)19:41

晩飯の時間帯ですが、ささっと出発しちゃいましょう!!

 

ただ、この時点で目的地は定まっていないのですよねw

「どこへ行くか」は、走りながら決めるとします(無鉄砲)

 

はあ・・・

本日も格好いいですね。洗車したばかりなので、車体はピカピカと輝いていますよ。

 

それでは、いざ参らん!!!

まずは、首都高に乗ります。

 

この時点で、

「東北は、主要のツーリングスポットは軒並み冬季閉鎖中だよな。だったら西の方へ向かうかー」

と、自宅出発から、ものの30分ていどで進路を「西」へ決めました。 

 東東名高速(下り線)

「牧之原SA」 に到着。

寝袋持参です。

 夜食は、深夜の高速道路の楽しみの一つですね。

 満腹になったら横になります。

 

ここ、牧之原SA(下り)」は、無料の雑魚寝スペースがあります。

 

コインシャワー・コインランドリーなどがあり、バイク乗りにはとても有り難い施設です。

 2 〜3時間ばかし仮眠しました。

 

平日のSAの駐車場は、トラックで満杯です。

SA内のベンチでぼーっとしていたら、 トラックの運転手さんから話しかけて頂いたので、しばし雑談しました。

 

そこでの会話は、

「長距離トラックドライバーの労働環境」

→30〜40代の中間層の人出が足りない(50歳後半が一番多いらしい)

 

「近年のデコトラ事情」

→「デコトラ」は、水産関係に出入りしているトラックくらいしかいない

→ペイントや電飾など、装飾を施したトラックは「威圧感」があり、現代で受け入れてくれる事業者は、ほぼいない

 

「バイクの魅力」

→「バイク」という共通点があるだけで、年代問わず笑顔になることができる

 

こういった出会いがあるから旅はおもしろい!!

 

トラック業界のよもやま話も聞けましたし、勉強になりました。

さて、再出発しましょう!!

 

「西に向かうにしても、どこへ向かうかなー?」

 牧之原SAから、200kmぶっ続けで走ってきたので、養老SAに寄ります。

 5:00

養老SA(下り)

陽がのぼりはじめ、空一面が徐々に明るくなってきました。

「ブルーアワー」って光景ですね。

給油!!

ninja650は、だいたい200〜230km走ったらご飯(ガソリン)食べさせます。

「今年は日本海側に行ってないなー。じゃぁ、福井県にでも行ってみるかー!!」

 ここでやっと目的地が「福井県」に定まりましたw 

 

来ちゃった!

名神から米原JCT北陸道に抜けます。

途中の 賤ヶ岳(しずがたけ)SAで休憩。

 ここ、賤ヶ岳SAは滋賀県

滋賀県のご当地パン、「サラダパン」を食しましょう。

 刻んだ「たくあん」と「マヨネーズ」をコッペパンに挟んだ、とてもシンプルなご当地パンです。

 

塩味のたくあんのシャキシャキした食感と、マヨネーズの組み合わせが・・・

美味しいんですよ!!

ぜひ、食べてみてください!!

敦賀ICで降りて、国道8号線を北上します。

f:id:ninjalifegudaguda:20190423211935j:plain

途中に、名もなき海岸があったので寄り道。

白波が全くなく、穏やかな海岸です。

砂浜に波が、とても優しく覆いかぶさっていましたよ。

気の向くままに走って、停まって、写真撮って、ボーッとして・・・

バイクは楽しいですね!

f:id:ninjalifegudaguda:20190423211902j:plain

海沿いの道が気持ちよさそうなので、国道8号線から国道305号線へ左折します。

通称「しおかぜライン」

 海と並行して走る道は、爽快です。

 

快走路すぎて、ついついスピードを出しがちになりますが、

かなりキツいカーブが連続する箇所もあるので、調子に乗って走ると海にダイブすることになります(注意喚起)

f:id:ninjalifegudaguda:20190423212752j:plain

 道なりに走っていると、「越前」の看板がありました。

 ぼくが小学生の頃は、ちょうど「テニスの王子様」のアニメが大ブームでした。

 その主人公の名前が「越前」だったのでとても印象に残っていますw

f:id:ninjalifegudaguda:20190423220644j:plain 

 ヒト、生き物、景色との出会いに感謝

お散歩中のおばちゃんに話しかけて頂いたので、オススメな場所聞いたら、「越前がにミュージアムを紹介されたので行ってみることにしましょう!

 

「 賤ヶ岳SA」から「越前がにミュージアムまでの道のりはこんな感じ!

「越前がにミュージアムの目の前には「道の駅 越前」があります。

「道の駅 越前」の隣に観光協会がありますので、そこでヤエステGET!!

 

 

「越前がにミュージアムは9時からです。

入館料は、大人1人500円でした。

あら、かわいい・・・

越前がにさんがお出迎えしてくれました!!

越前がにはブランドとして確立していますが、しょうじき、どのような生態なのか全く知りませんw

 

この施設では、ふだんは中々お目にかかることができない「越前がに」について学ぶことができます。

どんな場所に生息しているのか。

どのような流れで食卓に上がるのか。

漁の方法など・・・、インターネットで調べただけじゃ得られない情報が、館内には多分に散りばめられていました。

近くで見ると、可愛くないですかw?

愛嬌ある顔です(・∀・)

ほかには、お魚が泳いでるトンネルをくぐったり、

ヤドカリ(?)などの、海の生き物に触れ合ったりしました!

 

写真には撮っていませんが、越前がにの漁船の操縦をシミュレーション体験できるブースもありましたよ!

(冬の日本海を操縦しましたw )

 自然の恵みを享受させて頂いていることに感謝して、この場を後にしました。

いい体験でした!!

 

駐車場に戻ったら、またしても出会いが!!

今回のツーリングは、いつも以上に話しかけていただきましたね。

オススメの場所を教えてもらいました。

近いし、通り道なので、ついでに寄って行きましょうか!!

 道中の写真です〜

シーサイドツーリングしてから、

f:id:ninjalifegudaguda:20190423212853j:plain

 わき道に逸れて、林間を縫って走りました。

まさかの、桜が満開でした!!

自分撮り励行!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190423212741j:plain

f:id:ninjalifegudaguda:20190423212905j:plain

 そして、教えてもらった「水仙の里公園」に着きました。

ちなみに、水仙の見頃は12〜1月です。

時期はとっくに過ぎていますが、雰囲気だけでも味わっていきましょう!!

 

イルミネーションイベントが催されるそうな。

夜に訪れたら、とんでもなく美しい光景に立ち会えそうですね。

休憩施設もあります。

地元の方、オススメのお店とのこと。

「ガレット」を初めて食べました。

クレープ状の薄い生地を、春巻きのように丸めたものでした。

弾力がありモチモチした食感が心地よく、美味しかったです!!

店員さんから、「肉には岩塩がまぶされている」と説明されました。 

(ふだんなら、このようなお洒落な料理は食べないので、いい経験でしたw)

 

想像と現実のギャップ

再びninjaに跨り海沿いを流します。

途中に気になる光景が・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20190424215439j:plain

f:id:ninjalifegudaguda:20190424215442j:plain

船でもチャーターしているのでしょうか?
どうやって岩場まで近づくのかな。。。

泳ぐわけではあるまいし・・・

ほんと、謎ですwww

謎な釣り人を横目に、しばし海沿いを流します。

福井県の名所の一つには、やはり東尋坊があげられるでしょう。

ってことで、次なる目的地は東尋坊に設定!!

 

 約1時間で東尋坊に、とうちゃくー。

駐車場料金は、バイク500円也。

f:id:ninjalifegudaguda:20190423212838j:plain

駐車場から東尋坊の崖までは歩いて10分もかかりません。

警察官が、幾人も巡回していました。

やはり、「そういう場所」だからでしょうか?

 はい、こんな感じ。

かなり曇ってきました・・・

ここ東尋坊の独特な岩場は、世界的にもとても珍しい場所です。

 

縦長にゴツゴツとした岩場は「輝石安山岩の柱状節理」といって、世界でたった3箇所しかないとのこと。

地質学的にとても貴重なスポットですよ!!

ただ、しょうじきな感想を申しますと・・・

イメージしていた場所と、全く違いましたw

 

さぞ、うら寂しく重々しい雰囲気に包まれているかと思いきや、

かなり観光地化されていて、いたるところで笑い声が聞こえていましたね。

波が岩場にぶつかる音より、団体客の話し声の方が大きかったですw

ただ、岩場には柵がないので、足を滑らせたら死にます。

 

実際に、不慮な事故でお亡くなりなった方もいるとか。

そこだけご注意を・・・

「スタバ」じゃないよ。

「イワバ」だよ(・∀・)

(今回は入店しませんでした)

 

ちなみに、鳥取には「すなばカフェ」がありますw

遊覧船が出ています。

これに乗ると、海から東尋坊の岩場を見上げることができます。

 それよりも、ぼくが気になったのは、ここ東尋坊から30分歩いた場所にある無人島、

神が宿る島「雄島」

 

どうも噂では、

「島を歩くときは時計回りで。反時計回りをすると死ぬ」

らしいですwww

 

ちょっと、いってきますね!!

 

 

第一部、最後までご覧いただき、ありがとうございました。