そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

『千葉キャンプ』お台場海浜庭園オートキャンプ場にバイクで行った体験談!!

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061545j:plain

(記事作成2019.4.16更新2021.2.18)

 キャンプ場からの風景は、千葉県の中でもトップクラスな「お台場海浜庭園キャンプ場」

 

キャンプ場の風景や設備などを紹介していきますので、どうぞ参考までに。

アクセス

富津館山道路」の終点、「富浦IC」より約30分。 

 

海岸沿いの道路は、7.8月の海水浴シーズンは、海水浴に来る人たちで大渋滞があるとのこと。

渋滞にハマらなければ、

千葉の船橋から、1時間50分

東京の新宿からはアクアライン経由で、約2時間くらいかな。

 

 

買い出しは??

キャンプ場から30分圏内に、「イオン館山店」がある。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061851j:plain


大型ショッピングモールなので食材の品揃えは申し分ありません。

館山市内にはホームセンターもある。

ちなみに、キャンプ場付近にはお店はないので、買い出しはあらかじめ済ませておいたほうが無難だ。

 

 

キャンプ場の入り口

館山市内からだと、「千の光」の黄色い看板を横切り、

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061839j:plain
坂道を上りきったら緩いコーナーを「右折」

右折するとき、対向車に気をつけてくださいね。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061623j:plain
住宅街を突き抜けて・・・

洲崎灯台の駐車場を横切り・・・

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061559j:plain

一番奥にキャンプ場の入り口がある。。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061604j:plain

初見だと、

「本当に、この場所で大丈夫かよ・・・」
って不安になる道のりだ。

 

 

基本情報

  • 大人1人バイク1台2000円
  • ゴミは基本持ち帰り
  • 乗り入れOK!!
  • 風呂は受付時に申し込めば入浴可能
  • チェックイン13:00
  • チェックアウト12:00
  • 予約必要(ぼくは当日の朝に連絡しました)

www.odaibakaihinteien.jp

 

 

キャンプ場からの景色

 管理棟からキャンプサイトまでは、砂利砂利ダート。

 オフ車だと問題ないですが、オン車(特にSS)だと、かなり気を使うでしょう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061555j:plain
サイトの全景はこんな感じ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061832j:plain
テントを張る場所は自由なので、サイト内で自分が気に入った景色を見つけてみよう。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061627j:plain

ちなみに、 ぼくは赤い丸の場所に張りました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061847j:plain

キャンパーは思い思いの場所にテントを張り、眼前に広がる大海原を見ながらビールを飲んでいた。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061652j:plain

坂を下りると海岸になっており、そこにも数組がテントを張っていた。

 

ちなみに、潮の流れがとんでもなく早いので遊泳は禁止となっている。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061639j:plain

空気が澄んでいれば、海越しに富士山を望むことだってできる。

 

千葉県の中では、こんなにも(テント)張ってよし・撮ってよし・ロケーションよしの三拍子揃ったキャンプ場は珍しいと思う。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061920j:plain

とくに夕暮れ時や陽が昇る瞬間は、息を飲むくらいとんでもなく美しかった。

1日の始まりと終わりの瞬間を目の当たりにできるのは、海キャンプの醍醐味でもある。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061814j:plain

暑い日はタープで日差しよけを設けたほうがいいだろう。

遮蔽物がまったくないので、夏場だと暑さ対策を怠ると大変なことになりそうだ。。。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061856j:plain

テントの前室を開けると、そこに広がるは一面の大海原。とてもダイナミックで解放的な光景だ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061702j:plain

 

 

設備紹介

トイレは1ヶ所のみだった。

仮設トイレですが、女性でも不快なく使えるくらい清掃はされていました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061712j:plain
炊事場も1ヶ所。洗剤とタワシ類が完備されていた。

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061912j:plain

 あらかじめ予約をすれば、お風呂にも入ることができる。

(受付の際に申し込みます)

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061903j:plain

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061907j:plain


大人はシャワー300円。風呂600円とのこと。

料金は変動もあるので、現地に行った際に確認してください。

 

 

注意点

f:id:ninjalifegudaguda:20190802061733j:plain

ぼくが「ここは気をつけたほうが良いな」と感じた点が2つある。

 

「風」に注意!! 

 キャンプでは、当日の「風速」も考慮する必要がある。

(ぼくが行った日は、風速3Mほどで快適でした)

 

風が強い(風速10M以上)日に焚き火をしようもんなら、火の粉が舞ってテントに穴があく恐れもある。

隣のキャンパーさんに迷惑かけたり、火事に繋がったら最悪だ・・・。

 

とくに、この「お台場海浜庭園」は海際のキャンプ場なので風対策はしっかりしなきゃいけません

 

過去に、風が強くてテントのポールが折れたり倒壊した人がいたとのこと。

タープも風除けに有効かもしれませんが、直前の天気予報をチェックして、風があまりにも強い場合は断念する勇気も必要だとお思う。

 

 

パンクに注意!!

波打ち際には「釘」「ガラス片」「太い針金」など、バイクや車の天敵が落ちていた・・・

 

まあ、まず刺さることはないだろうけど、

「通路に鋭利な落とし物があるかもしれない」と頭の片隅には入れておいたほうが良いかもしれません。

 

 

翌日のツーリングは??

こちらの記事で、ぼくが気に入っている千葉県のツーリングスポットをまとめています。

f:id:ninjalifegudaguda:20200918144125p:plain

興味ある方は、どうぞ覗いてみてください。

 

 

最後に

ロケーション抜群のキャンプ場でした!!

気象状況(天気や風速)をよく見る必要がありますので、そこだけ注意してください。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。