そぞろ歩きな日々

バイク旅の記録や日常で学んだこと、興味を持った事に挑戦するブログ

「いすみ鉄道」お気楽な男2人が房総横断!まったりのんびり電車旅ぃ


f:id:ninjalifegudaguda:20190323120037j:plain

(更新2019.4.2)

 

サトアツです。

 

2019/3/21に、千葉県のローカル線「いすみ鉄道」に友人と一緒に乗ってきましたよ。

 

都心の通勤電車とは違い、時間がゆっくりと流れていました。

故郷を思い出させてくれる懐かしい景色に眼福です!!

 

その「懐かしい景色」を写真に収めましたので、ぜひ、ご覧ください。

 

西船橋から大原駅まで

2019.3.21(木 祝日)

JR西船橋駅 

改札前。

西船橋駅は、平日の通勤時間帯は人の往来が激しく、ちょっと苦手・・・

 

この日は祝日のため、そこまで混雑はしていません。

ちなみに、天気予報は「雨ときどき晴れ」とのこと。

 

公共交通機関は、天気に左右されにくいので旅の予定が立てやすいですね。

(バイクだと、雨が降るとツーリングの予定が中止になるのでw)

 

まずは1番線、「総武線千葉行き」に乗ります。

ここで友人と合流しました。

この車両は、以前の山手線で使われていたもの(E231系500番台

目つきが悪いライトが好きだ・・・

では、乗りましょうか。

 

乗客は西船橋駅でドッと降りたため、車内は意外と閑散としています。

 

電車に揺られつつ、しばし雑談。

西船橋駅から千葉駅まで約20分で着きました。

駅の構内で、駅弁を購入します。

 ここから「外房線」へと乗り換えます。

エナメルバックを肩から下げている学生さんを見ると、自分の中学生時代を思い出します。

(電車通学とか、いかにも「青春」って感じで微笑ましいです)

外房線」の「上総一ノ宮行き」に乗ります。

カメラのホワイトバランス(WB)は、「日陰」に設定。

お気に入りの一枚です。

お天気も、徐々に回復!!

幸先がいいですね(・∀・)

千葉駅から30分も走ると、高層マンション群が少なくなり、辺りは閑散としてきます。

 

車窓から見える景色の変化に、どんどん都会から離れているなと実感しますね。

いったん「上総一ノ宮駅」で降りて、後続の「外房線」の「安房鴨川行き」に乗り継ぎます。

向かい側の「千葉方面」のプラットホームには、たくさん人がいますね。

 

僕たちのホームは、ガラガラですw

この日は風が強い!!

風速7〜9mくらいですね。

雲の旅団が、西から東へと大移動していました。

安房鴨川行き」に乗り継ぎ、しばし、電車に揺られます。

(思いっきり、電車の写真を撮り忘れました)

上総一ノ宮駅」から17分で「大原駅」に到着!!

 

ここで目的の「いすみ鉄道」に乗り換えます。

小腹が減ったので、seventeen iceを食べました。

 

seventeen ice自販機は、郊外の駅前に必ず設置されている印象ですが、

都会じゃあまりないのかな?

「乾杯!!」

一番好きなのは、「ワッフルコーン」

バニラビーンズが大好きで、学生時代(中学生〜高校生)は狂ったように食べていました。

 

 大原駅の改札を出て、すぐ右側が「いすみ鉄道」の乗り場です。

 

出発時間にはまだ余裕があるので、駅前の写真を撮ってきます。

 いざ、いすみ鉄道へ!!

 右側が「JR大原駅」

左側が「いすみ鉄道 大原駅」

駅前のメインストリートです。

自動販売機も、いすみカラーに染まっていましたよ。

かわいいですね。 

では、切符を券売機で買いましょう。

 

今回は、「房総横断乗車券」を購入しました。

房総横断乗車券は、いすみ鉄道とJR外房線の接続する大原駅から小湊鉄道とJR内房線の接続する五井駅までを横断できる切符。

 

大原〜五井駅までの区間は途中下車できます。

しかし、下車した駅より後戻りはできません。一方通行です。

 

*この他に、いすみ鉄道1日フリー乗車券もあります。

いすみ鉄道区間内(大原〜上総中野)が、乗り降り自由となります。往復OK!!)

 大原駅構内で、お土産も買えますよ。

「いざ、参らん!」

 ふと、線路に目を向けると、枕木にプレートが埋め込まれていました。

f:id:ninjalifegudaguda:20190323143302j:plain

これは「枕木オーナー」というもの。

 

枕木の交換費用を寄付することによって、名前を書いたプレートを枕木に設置することができます。

いすみ鉄道は、年額で5000円ちょっとで枕木オーナーになることができるそうな。

 

ただ、2019.3月現在、オーナーの募集はしていません。募集の時期も未定とのこと。

気になる方は、こまめにホームページをチェックしてみては?

f:id:ninjalifegudaguda:20190323143306j:plain

さて、乗り込みましょうか。

清潔な車内です。

青色の座席が目立ちますね。

出発!!

沿線には菜の花が咲いています。

 

地元の方は、「今年の菜の花は、全然咲いていない」って言ってたけれど

普通にキレイでしたよ!!

雲行きがヤバくなってきましたね・・・

あたり一面、水田が広がっています。

車窓から見える情景が変わりゆく様に心が躍ります。

桜と菜の花が立ち並ぶど真ん中を、一直線に伸びた線路が続きます。

(ちなみに、桜の開花にはまだ早かったですw)

国吉駅」ではポップコーンを売っていたおじさんに手を振られました!!

こういう体験は、都会の電車じゃできないですよ!!

ぼくの中で、都会を走っている電車のイメージは「通勤で使う移動手段」 って位置付けです。

 

平日の通勤時。とくに早朝の時間帯は、満員の車内で押し合い圧し合いして、みんな殺気だっていますwww

 

反対にローカル線は、大人も子供もみーんな笑顔です。

 

時間に追われず、ゆくっりと気ままに。

いすみ鉄道の車内は日常の喧騒からグッと離れた、別世界の空間です。

「でんしゃ旅、最高っ!!」

 

って思っていたら、雨が降ってきましたw

晴れたと思ったら曇ったり、いきなり雨降ったりと不安定な天気です。

 そんなこんなで、途中の「大多喜駅」で下車します。

車両には「ムーミン」が描かれています。

 

大多喜、そぞろ歩き

遠ざかる電車の後ろ姿・・・

傘さしていないとズブ濡れになるくらい降っていました。

 大多喜駅の駅舎です。

さて、お散歩しますか。

まず向かうは房総中央鉄道館 

 入り口に遮断機がありますw

 館内には、鉄道模型ジオラマが展示されています。

(県内最大だそうです)

大人の娯楽ですね。

ずっと眺めていられます。

とっても気さくな館長さんのおかげで、ついつい長居しちゃいました。

 

館内の奥の方(写真撮影厳禁!!)にもジオラマが展示しています。

そちらも圧巻の一言。ぜひ、ご自身の目でお確かめください。

 

ぼくは電車に全く詳しくないですが、鉄道マニアには有名なスポットみたいですよ。

営業日は「土日祝日」のみです!!

 

家族で見学というより、趣味仲間で行ったほうが楽しめるでしょうね。

触れて遊ぶというのが、基本できません。小さいお子さんはご注意をw

 

1時間はボーッと見ていたかな?

とっても楽しかったです!!

さて、大多喜駅の周辺をお散歩しましょうか。

小雨が降りしきる中を、そぞろ歩き。

途中、気になったものをスナップしていきます。

 

大多喜は城下町ということもあり、情緒ある町並みです。

近くには「大多喜城」もあるので、歴史が好きなら行ってみては?

ぼくは歴史よりもお酒が好きなので、

豊乃鶴さんにお邪魔しますw 

豊豊乃鶴酒造は1781~1789年に創業したと伝わる、老舗の酒造元です。

お酒の写真は後ほど・・・

 

豊乃鶴さんの目の前に、もなか十万石で有名な津知屋さんがあります。

もちろん、「もなか」を購入しました。

さて、買い出しも終わったので、大多喜駅に戻ってきました。

 

これぞ、閑寂枯淡!!

大多喜駅から2駅目、次の目的地は、久我原駅

オススメの無人駅です!!

ポツンと佇む駅舎・・・。

これがたまらない!!!

 

風が吹くたびに木々が「ザワザワ」と揺すられ、林の中から鳥たちが優しく囀りあってっています。

都会の喧しい雑音は、ここでは聞こえません。

 

ここぞとばかりに写真撮りましたよ!!

うーん、、、

どれもお気に入りです・・・

次に乗る電車が来るまでの間、さっき買いました「日本酒」「もなか」、千葉駅で買った駅弁を食べましたよ。

 

食レポは苦手なので、ざっくり流しますw

 

まずは日本酒。

 

ピリッと辛口ですが、後味がフルーティです。

お土産にも喜ばれるでしょうね。

 続きまして、もなか。

皮がサクサクして、ぎっしり詰まった甘い粒あんが食べ応えあります。

 

年配の方にお土産で渡すと、たいへん喜ばれますね。

お茶請けに最適です。

 

千葉駅で買った駅弁も。。

道中で美味いものを食べ、落ち着く風景を見ることができる最高の旅です!!

 

旅の終わり。小湊鉄道

さて、そろそろ帰るとしますか。

いすみ鉄道の終点、上総中野まで乗ります。

久我原から上総中野までは3駅、所要時間は13分。

あっという間に着いてしまいます。

 

上総中野駅も、無人駅。

ここからは小湊鉄道に乗り換え、本日の終点「五井駅」に向かいます。

これ、駅舎です。

自販機とトイレがあるくらいで、周辺は何もありません(いい意味で)

乗り換えの時間まで2時間あるので、付近を探索してましたね。

 

 そんなこんなで帰りの電車がきました!

 上総中野〜五井までは13駅。乗車時間は1時間10分。

さすがに寝てしまいましたww

 気づいたら、五井駅に着いて・・・、

本日の旅の思い出を語りながら晩酌しましたとさ。

 

総括

 ローカル線の旅、いいですね!!

 

春・夏・秋・冬の四季を通して乗ってみたいと思います!!

 

それぞれ違う表情を見せてくれるはずなので、どんな情景に出会えるのかを想像するとワクワクします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。