そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

20代で結婚を焦る必要がない理由を、熱く熱く語っていきますよ

f:id:ninjalifegudaguda:20210503105022j:plain

(記事作成2019.3.17 更新2019.3.17)

 20代の中盤〜後半にもなると、周りの友達や親戚たちは結婚して子供もいるのではないでしょうか?

 

そのように周りがどんどん「家族」を作っていく姿を見て、

「自分も早く結婚しなきゃ・・・」

って、焦ることってありますよね。

 

ただ、ぼくは「結婚」は焦る必要はないと叫びたい。

特に、20代のうちは結婚よりも大切なことがあると知って頂きたい。

 

なぜなら、

「自分すら幸せにできない奴が、他人を幸せにできるわけがない」

と思っているからです。

 

一体、どういうことか?

 

その理由を語っていきますよ。少々、お付き合いください。

 自分すら幸せにできない奴が、他人を幸せにできるわけがない

 これが、結婚を焦る必要がない最大の理由です。

 

なぜ「自分」を幸せにしなければならないのか?

それは、

「今やりたいことを抑えて、結婚のための結婚に走るのは愚か」

だからです。

 

もっと細かく語っていきますよ。

 

 

自分を「欲」で満たそうぜ?

独身時代・若いうちは、欲求に従って「自分」を優先させるべきです。

 

例えば、

・外国に行ってみたい

・スキルアップして転職したい

・テレビで紹介されたラーメン屋に行ってみたい

・ジムに通ってみたい。格好良くなりたい

 

など、自分の為になること。成長できそうなこと。興味が湧いたことは率先してやりましょう。

 

人間は「欲」を原動力として行動を起こそうとします。

 

ただ、どうしても理性が働き「金銭的にちょっとな・・・」と自分を抑えがちになりませんか?

 

結婚資金を貯めるためには、自分のやりたいことを我慢しなければならないと思っているのなら・・・

 

かなり人生を損していますよ

 

今現在パートナーがいて、将来の生活資金を2人で貯めているなら納得できます。

 

しかし、まっさらの独身で、いつ出会うかわからない人のために自分のやりたいことを抑える貯金って意味ありますかね?

 

今現在「やってみたいこと」があるのなら、先にそれを消化させるべきです。

 

結婚したら1人の世界では生きてはいけません。

パートナーと2人で歩いていく必要があります。

 

自分の思うがまま「欲」を放出できるのは独身時代だけです。

独身のうちにできることは独身のうちに片付けること!!

自由な時間を無駄にしてはいけません。

 

 

お金を、バンっと使おうぜ?f:id:ninjalifegudaguda:20190314220750j:plain

目標がない漠然とした貯金は意味がない、ぼくはそう思います。

 

保険として、数ヶ月分の生活費を口座に残してさえすれば、あとは余ったお金を思い切って使ってみるのも気持ちいですよ(自己責任ですがね

 

独身時代は、自分の為にお金をバンバン投資する時期です。

 

結婚したら、お金は2人の生活の為。

自分の為に使える金額は、当然限られてきます。

 

独身時代に、自分のやりたいこと、挑戦したいこと、興味あることにお金を出し惜しむことは勿体無いです、本当に。

 

挑戦しても失敗するかもしれない?

別に、いいじゃないですか。。。

 

失敗するかどうかは挑戦してみなきゃわからないこと。

 

行動する前から、結果を恐れてグダグダ気を揉んでいてもしょうがない。

どうせ悩むなら、行動した後にとことん悩めばいいのですよ。難しく考えすぎ。

 

お金が減るのは不安に駆られますが、それ以上に、今やりたいことを我慢すると後悔することになるでしょうね。

 

 

たくさんの経験を積もうぜ?

おじいちゃん・おばあちゃんの人生談って、聞いていて本当に楽しいですよね。

 

数十年という長い時間を過ごしてこられた方の、一つ一つのお言葉は、心にグッと刺さる深みがあります。

 

嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、悩んでいたこと・・・

 

酸いも甘いも嚙み分け、たくさんの経験を積んだ人は魅力的です。

 

また、年配の方は少々のアクシデントには動じない、ドッシリとした安心感もあります。

 

なぜ、あのように地に足をしっかりとつけて、リンと構えることができるのでしょうか?

 

それも、たくさんの経験を積んできたからです。

 

超えられそうにない壁にぶち当たり、挫折し、もがいてきた経験が糧となる。

困難を掻い潜ってきた、乗り越えてきた数だけ自信がつき、それが心に余裕を生む。

ぼくは、そう思っています。

 

心に余裕がないとイライラしたり、身近な人に八つ当たりするなど、負の感情が露わになります。

 

 小さなことでクヨクヨしたり、すぐに怒る癇癪(かんしゃく)持ちって、かなり面倒ですよね。

そんな心に余裕がない人と、人生を歩いていけますか?

 

今までの人生を振り返ったときに、

心から楽しかったこと

嗚咽が出るほど、辛く悲しかったこと

呼吸困難になるくらい、笑ったこと

ハゲそうになるくらい、悔やしかったこと

思わず叫びたくなるくらい、幸せだったこと

いくつ言えますか?

 

そういった経験をポンポンと胸を張って言える人は、

めちゃくちゃ強いです。

 

お金をどんなに持っていようが、社会的に地位を確立していようが、ぶっちゃけどうでも良い。

 

最終的には、

「人生の底(辛かったこと)と頂点(心から嬉しかったこと)のどちらの世界も知っている」人が強いです。

 

特に、20代は人生修行の期間です。

どんな生き方が自分に合っているのかを知らなければいけません。

 

自分の中で「核」となるものがないまま結婚しても、相手に迷惑かけるだけですよ?

 

サクッと、おさらい

  • 今やりたいことは、今の内に消化させるべし

独身の特権「自由」を駆使して、興味あることにはチャレンジしてみよう!

 

  • 多少無理してでも、自己投資するべし

目的がない貯金は無駄。

自分の為になると思ったならば、お金を出し惜しんじゃいけないよ!

 

  • 良質な思い出と経験は最大の財産になる 

 酸いも甘いも知って、たくさんの経験を積むこと。

それが心に余裕を生む。精神的に余裕がなく自立できないうちは、結婚は時期尚早でしょうね。

 

  • 独身時代に「自分」を幸せで満たせてあげよう

不思議なもので、「幸せは、幸せそうにしてる人にしか訪れません」 

まずは「自分」を磨き上げましょう!!

ぼくも、磨きの道半ばですw

 

最後に

 若いうちに結婚するのがダメだといっているのではありません。

 

ただ、結婚するだけが全てではありません。

色々な選択肢があってOKです。

 

親に結婚を急かされている、友人が結婚して出産したから自分も焦り始めている。

 

だから何です?

誰のための結婚ですか?

 

今一度、考えて、今の自分にあった答えを見つけていきましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。