そぞろ歩きな日々

バイク旅の記録や日常で学んだこと、興味を持った事に挑戦するブログ

「千葉キャンプ」バイクで成田ゆめ牧場オートキャンプ場に行った体験談!


f:id:ninjalifegudaguda:20190524055739j:plain

( 更新2019.5.24)

 

サトアツです。

 

3/1〜3/2に「成田ゆめ牧場オートキャンプ場」にてキャンプツーリングしてきました。

 

整った設備と広大なロケーションが印象的で、とても高規格なキャンプ場でした。

 

ぼくが感じたお気に入りポイントを交えつつ、キャンプ場の紹介をしていきますよ。

 

アクセス 

最寄りは圏央道の下総IC。

 

インターからキャンプ場まで、

たったの5分(近っ!) 

だいたい、車やバイクで

千葉市から約50分

茨城の水戸から約90分

埼玉の大宮から約90分くらい。

 

圏央道が開通したことにより、埼玉・茨城方面からのアクセスが格段に向上しました。

(つくば・大宮・川越ナンバーが非常に多かったです)

 

買い出し

キャンプ場の周辺は、コンビニすら見当たりません。

 

買い出しは事前に、近隣のスーパーなりたやさんで済ませました。

ここが一番近いです。

と言っても、キャンプ場からたった10分ですがね。

下総ICからも、同じく約10分でスーパーに着けますよ)

価格は都心から比べたら「安い」ほうでした。

生鮮食品(魚・肉)、野菜など品揃えで困ることはありませんでしたね。

 

どんなキャンプ場?

最初の入り口です。

看板に従い信号を右折。

 道なりに300mくらい走ると入口が3つに別れます。

 

緑の矢印は「ゆめ牧場の駐車場」です。

黄色い矢印の方向がキャンプ場へと続く道となってます。

f:id:ninjalifegudaguda:20190303162603j:plain

案内板もあるので、迷うことはないでしょう。

 道なりに進んでいきます。

 

ベルファイヤあぁぁ・ランドクルーザーなどの大型車は、すれ違うときに気を遣うでしょうね。

バイクなら余裕(。・ω・。)

 

数百メートル走り、斜め右方向がキャンプ場の入り口です。

案内板もちゃんとありますよ。

f:id:ninjalifegudaguda:20190303165554j:plain

 右手に見える「茶色い建物」がキャンプ場の管理棟です。

 

管理棟は平日は営業していません。

平日のキャンプ場の受付は、「牧場の入場窓口」にて受け付けしてください

管理棟の正面(写真のピント甘くて申し訳ないです)

料金は、

大人1人2000円

バイク1台600円

 

チェックインは、9〜16時のあいだに。

チェックアウトは、17時まで。

 

 

この他に「キャンパー優待特典」を申し込んだので、プラス900円。

(キャンパー優待特典は後述します。これ、かなり気に入りました)

高規格なキャンプ場なので、ぶっちゃけ、かなりお高いです・・・

 

管理棟の横にはコインシャワーがあります。

ゴミは分別すれば捨てられます。

 

ゴミ出しルールとして、スーパーで貰う「半透明」のレジ袋は使用不可です。

f:id:ninjalifegudaguda:20190304205924j:plain

袋の中身がわかる、透明な袋で分別して捨てましょう。

管理棟でも買えます(150円)↓↓↓

 

サイト紹介

まずは、電源サイトから。

Aサイト

キャンプ場の入り口の目の前で、管理棟からも近い電源サイト。

先ほどのキャンプ場の入り口の写真の正面がAサイトです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190303173441j:plain

こんなに空いているのは、平日だからです。

休日は、Aサイトの7割が埋まっていました。

トイレ・ゴミ捨て場・管理棟・シャワー室・炊事場すべてに近いので、

ファミリーキャンパーさんにはお勧めですね。

ロケーションは、まずまず。

景色よりも快適性を重視するならばAサイトでしょうね。

 

Bサイト

ちなみに、Bサイトの奥側がCサイト。

Bサイトの右側に広がっているのがGサイトです。

先ほどの管理棟の写真から、正面左手にあるのがBサイトです。

f:id:ninjalifegudaguda:20190303175524j:plain

こちらも管理棟の目の前なので、基本的にAサイトと大きく違った点はありません。

 

ただ、ロケーションはAサイトに比べると景色が開けているので伸び伸びできる印象でした。

 

Cサイト

特出したポイントはなかったかなw

A.Bサイトとそんなに変わりません。

しいて言えば、電源サイトの中では管理棟から一番離れています。

ゴミ捨て場、トイレも一番離れているのでご注意を。

(それでも、歩いて2分しないですが)

 

Dサイト

これよりフリーサイトの紹介になります。

まずはDサイトから。

管理棟までの距離は電源サイトと比べると「遠い」ですが不便に感じたことはなかったです。

 こちらのキャンプ場は「ファミリー」向けのキャンプ場です。

 

ファミリーは設備重視の電源サイトを選ぶことが多いですが、

「ソロキャンパー」はフリーサイトを選ぶ方が大半なのではないでしょうか。

ここDサイトは、ソロキャンパーに最適な「ひっそり感」があります。

 

もちろん、人が多い連休はこの限りではありませんが平日なら狙い目なサイトですね。

近くには炊事場・トイレ・ゴミ捨て場もあります。

管理棟のトイレよりこじんまりとしていましたが、必要十分です。 

Eサイト

 ぼくは、このサイトを選びました。

人がいない場所が落ち着くのでw

 

砂利道を下っていきます。

他のサイトから一段低い場所なので、気づかない人が多いのかな?

あぁ、たまらない孤独感・・・

最高だあw

 

金曜・土曜の昼までこの場所にいましたが、結局ぼくの他に2組しか来ませんでした。

Aサイトから見下ろしました。

 

前日に雨が降ったので、所々で水たまりができています。

何だろう、陸の孤島のようでしたw

すごく落ち着けましたよ!!

 

階段を登っていくと、Dサイトで紹介した炊事場とトイレ・ゴミ捨て場があります。

Fサイト

こちらは、ぼくが行った時は整備中で立ち入り不可でした。

 

フリーサイトでは管理棟・シャワー室・ゴミ捨て場から一番近い位置にあります。

 

Gサイト

 ロケーションを選ぶなら、間違いなくGサイトです。

 緑一面のサイトは気持ちがよく、つい寝っ転がってボーッとしたくなります。

翌朝の日の出タイムに写真を撮りました。

もう少し早かったら、朝霧が出て幻想的な情景に出会えたでしょうね(寝坊)

Gサイトは「牧場に一番近い」サイトです。

 

車が通った跡を歩いていくと・・・

 

 牧場の駐車場につながります。

管理棟から、ゆっくり歩いて10分ていどですかね。

 

広大な駐車場ですが休日にもなると、みちみちに車で一杯になっていました。

 

ぼくが子供の頃の記憶だと、大型連休以外はそれほど混雑していなかったですが、やはり圏央道の開通効果は大きいのでしょう(*´∀`*)

ロケーションが良いのでGサイトは人気です。

 

平日は数張りしかテントがありませんでしたが、土曜日の午前中には30張り以上はありましたね。

写真を撮るのがはばかれるくらい混雑していました。

Gサイトの牧場寄りは、ロープで境目ができていました。

 

そこは臨時の駐車場になるそうなので、テントを張らないようにしましょう。

 

Gサイトには炊事場と自動販売機があります。

 ジュース類の値段設定は高めなので、あらかじめ買っておいた方が良さそうです。

緑色のドーム型の建屋は、花火ができる場所だとか。

 

夏場とかは子供たちで賑やかになりそうですね。

ファミリーキャンプは憧れます。

キャンパー特別優待券はお得!!

 大人はプラス900円払えば併設のゆめ牧場を、チェックアウトの日まで何度でも出入りが自由になる、

キャンプ場に宿泊している方限定の特典です。

 

例えば、キャンプ場に3泊するとしても、その間は牧場への入場料はかかりません。

 

つまり、連泊すればお得感は増します。

 

 ぼくは1泊2日でしたが、チェックイン当日は動物と触れ合いを楽しみ・・・

餌やり体験して、癒しを頂きました(恍惚)

 牧場内のグルメに舌鼓を打ち、数時間は園内でまったりしましたね。

当然ですが、牧場のソフトクリームは美味さのレベルが違います。

濃厚さが半端じゃありません。

翌日、 チェックアウトの日は、おみやげ屋さんを中心に周りました。

園内の写真を撮ったりと、かなりゆっくりできましたね。

自分用のお土産です。

ホエイサイダーとクッキー。

 テレビで紹介された「過激な牛乳食パン」を頂きました。

 

牧場のグルメに「ハズレはない」です。

 

何を選んでも美味しい。とても幸せな気分になりましたよ。

 こんな感じで、1人でもキャンパー優待券を有効活用できました。

 

子供はキャンプだけだと飽きやすいので、牧場とセットで楽しめるこの特典は買いだと感じましたね。

 

宴会ですよ!

 さて、食べて飲んでボーッとしますよ。

それがキャンプの醍醐味っ(・∀・)

 

まずはタコ焼きから・・・

お酒は、「アマレット」+「ジンジャーエール

これが美味いんだ・・・

(ちなみに「コーラ」で割ると、ドクターペッパーみたいな味になります)

生ハムに、パプリカとチーズ挟んで食べたり・・・

豚バラのアスパラ巻き作りました。

デザートは、ブルボンのアルフォート(至高)

こうして、静かな夜は更けていくのでした。

翌朝、5時起床。

管理棟の前を歩いていたら、人懐っこい「ネコさん」に遭遇しましたよ!!

キャンプ場の入り口付近をお散歩中、ちょうど朝陽が昇ってきました。

 

 チェックアウトの時間は17時ですが、他に行きたい場所があるので13時前後においとましました。

成田ゆめ牧場のホームページです↓↓↓

www.yumebokujo.com

 

お勧めツーリングスポット 

 ぼくのお気に入りツーリングスポットを紹介します。

ゆめ牧場から、わずか15分で着きます。

飛行機の着陸が間近で見ることができる場所です。

 東関東自動車道に並行して走る小道より、飛行機の迫力ある着陸態勢を望むことができます。

(時間や日によって着陸のタイミングが合わない場合もあります)

もう1箇所は、神栖の風車群です。

直線の海岸道路の脇に風車を望むことができます。

(風が強い日は波が堤防を越え道路にまで被るので無理をしないでね)

 

最後に

成田ゆめ牧場オートキャンプ場は、設備がしっかりとして高規格なキャンプ場でした。

 

宿泊者のマナーも良く、家族でも安心して楽しめるなと感じました。

 

バイクのソロキャンプには少々お高いですが、

キャンパー優待特典で牧場とセットで堪能できることを考えたら、動物好きのライダーにはお勧めできますよ。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。