そぞろ歩きな日々

自分の目で見たこと・体験したことだけを伝えるブログ

趣味が「貯金」だと、今までにいくら貯めることができたのか?

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193208j:plain
(更新2019.3.20)

貯金は将来の不安を払拭してくれる、心を安定させる一種の「保険」ですよね。

 

しかし、これといった目的もなく、ただただ貯金をするだけの人生は楽しくありません。

 

いまは「バイク」「写真」「キャンプ/野外飯」を中心とした生活を送っていますが、ふとした瞬間に、

 「もし、これらの趣味を持つことがなかったら、今までにいくらお金を貯めることができたのだろう?」

 と興味をもちましたので、支出した額をおおざっぱに洗い出してみました。

 

*この記事は、単に「お金」の話をしたい訳ではありません。詳しくは「後悔しているか?」の項目に記しています。

 

バイク関連

バイクに乗り始めたのが2013年3月。

 

そこから現在(2019年2月)に至るまでの約6年間を、大雑把に計算してみましたよ。

 

*写真に写っている用品類はごく一部です。現在は使っていないもの・人にあげたもの・売ったもの全ての支出を、記憶の限り算出しました。

 

教習所費用

二輪教習(中型)+二輪教習(大型)

約20万

 

車両

ninja250(2013)+ninja650(2017)

=約150万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193144j:plain

 

 ヘルメット・ジャケット類

 今まで使った用品は・・・

ヘルメット(3個)

ジャケット(夏・冬)

グローブ(夏・冬)

パンツ、プロテクター類

ブーツ(2足)

18万 

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193213j:plain

バイクは鉄で囲まれた車と違い、体を晒して運転します。

 

当然、最低限の自己防衛策として、身に着ける装備は「しっかりしたもの」を選ぶようにしているので、少々の出費は致し方ありませんね。

 

収納バック類 

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193148j:plain

積載能力が乏しいバイクでは、荷物を収納するバック類が欠かせません。

 

 じゃ、今までに買った収納バックはというと・・・

車体の横に付けるサイドバック(3つ)

ガソリンタンクに付けるタンクバック(2つ)

座席にくくりつけるシートバック(2つ)

車体の後ろにつけるトップケース(2つ)

 =約13万

 

家の近所を走るだけなら必要ないですが、「ツーリング」で着替え・お土産・カメラ・キャンプ道具などを積む際は、絶対必要になりますね。

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193240j:plain

 

高速料金・ガソリン代 

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193245j:plain
だいたい1ヶ月に高速道路で、3000〜5000円使います。

ガソリンも同じく、1ヶ月に3000〜5000円前後です。

 

ただ、これがバイクシーズン(4.5.10.11月)になると出かける機会がグンと増えるのでこの限りではありません。

 

今回は、過去の支払い記録を遡ると際限ないので、使用最低額であろう3000円をベースとして計算してみました。

 

2013年〜2019年2月の6年間で支払った額は・・・

高速料金3000円×1年(12ヶ月)×6年間=21万

ガソリン代も同じく3000円×1年(12ヶ月)×6年間=約21万

41万

 

 

バイク関連費用の総額

 242万円!

ちょっと良い車が買えますね。

 

(この他の支出は自賠責、任意保険・重量税が加算されますが、今回は省きます。ですので、実際は最低でも250万前後だと予想します)

 

 

キャンプ道具関連

バイクを知ってから「キャンプ」もするようになりました。

(これが最高に楽しいです。。。)

 

こちらも2013年〜現在2019年2月までを遡ってみましたよ。

 

テント

テント3つの合計額

7.6万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193152j:plain



 

シュラフ(寝袋)

夏用+冬用=約2万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193216j:plain

 

 テーブル・イス

テーブル(3つ)+イス(3つ)

=約2万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193156j:plain

 

カトラリー(食器類)、小物(焚火台・バーナー・ランタン等)

量が多いので推定ですが、3万前後です。

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193202j:plain



キャンプ関連費用の総額

約15万円!

 

ソロキャンプが多い僕でこのくらい。

*この費用には、宿泊代金は含まれていません。道具のみの計算です。

 

これが、ファミリーキャンプになるとテントだけで10万円するものもあるので、

アウトドア用品の出費はバカになりませんね(汗)

 

カメラ機器類、用品関連

スマートフォンで写真を撮るのも良いけれど、

どうせなら「ちゃんとした」写真を撮りたかったので買っちゃいましたよ。

 

カメラは、どこかで購買欲を抑えないとかなりヤバめにお金が飛んでいきます。

 

まじで。

 

こちらも2013年〜2019年2月までをザッとまとめました。

 

カメラボディ・レンズ

カメラボディ(4つ)+レンズ(7つ)

33万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193219j:plain

 

小物類

フィルター(PL・NDなど)+三脚(4つ)

約8万

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193224j:plain

 

カメラバック・カメラ保管庫

カメラバック(4つ)+保管庫

=8万円

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193228j:plain



 カメラ機器類、用品関連の総額

49万円!!

 

この他に、印刷代や写真立て・アルバム等も買ったので数万円はプラスされます。

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193231j:plain

 

 

バイク・キャンプ・カメラの総額

306万円 也

 

キャンプ場の宿泊代・ビジネスホテル、旅館の宿泊費や、

食費・お土産代等も加算すると、ほかに数十万円は使っているでしょう。

(おそらく400万円近くに膨らみます)

 

これを「高い」「そうでもない」と感じるのは人それぞれです。

 

さて、本題はここからです。

 

少々、語らせてください(・∀・)/

 

 

めっちゃ語る!!「後悔しているか?」

f:id:ninjalifegudaguda:20190715193236j:plain

後悔していません(*゚▽゚*)

 

なぜなら、「今やりたいことは今のうちに消化すべきだ」と自分の中で結論づけているからです。

 

もちろん、長いサラリーマン生活を終えて定年してから、ゆっくり趣味活動をすれば良いかもしれません。

 

しかし、将来のことなんて一寸先は闇・・・。

 

極端な話、明日死ぬかもしれません。第一に

 

数十年後の自分が、現在の熱量を帯びているのかが定かではありません。

 

もしかしたら、体が動きにくくなっているかもしれないし、病床に伏せているかもしれません。

 

今の身体的・精神的な若さを保っているのかなんて誰にも予想はできないでしょう?

 

だったら、

「今の感情に従いたい。多少、金銭的に無理をしてでも思い出を詰め込んだ状態で年を重ねたい」

そう思っています。

 

(自分の「好き」に妥協しちゃダメ、です!)

 

堅実な方から見れば「遊んでばかりで適当な人生だな」と思われるかもしれません。

 

正直なところ「どう20代を過ごすか?」については、かなり真剣に真面目に考えています。

 

これは、あくまで僕の考えです。

 

若くして所帯を持つ。たくさん貯金をして万が一に備える。仕事をバリバリこなしてスキルアップする・・・という選択だって良いじゃないですか。

 

その人なりの考えがあれば、どんな答えを導き出そうが自由です。

最後に

後悔していない理由がもう一つあります。

 

それは、「全て自分で選択した」からです。

 

他者に促されて、しぶしぶ決めたわけじゃありません。

 

自分の「核」となるものは何か?

どうしたら自分を変えることができるか?

どういう生き方が今の自分にあっているか?

 

を、20代の中盤は常に考えていました。

(本からの情報や、周りの友人、諸先輩の生き方・考え方から刺激を受けたのも大きいです)

 

自分で選択するということは、「全ての責任は自分」にあります。

他者に責任をなすりつけることは出来ません。

誰かに助けてもらう前提で物事を進めるべきではないと思っています。

それが大人です。

 

反面、自分で決めたぶん、トラブルや困難もさほど苦じゃありません。

むしろ清々しいくらいです(場合にもよりますがね)

 

「あの頃は楽しかったなぁ」

「今はつまらなくなった。昔は良かったなぁ」

 

と、当時を思い出して羨む場面に遭遇することがありますが、

からしたら

「過去にばかり浸らずに、今をもっと楽しめよ」

と、思ってしまいますよ・・・

 

20代(特に20代前半)は無数の選択肢があります。

 

しかし、ある一定の年齢を越えると失敗は許されなくなるし、結婚すれば自分だけの世界のワンマンプレーで生きることなんてあり得ません。

 

20代のうちに生き方について考えてみる。

お金と時間の使い方を学ぶ。

 

最低でもこの2つは固めておいた方が良いんじゃないかな?

どう思いますか?

 

今回は、こんな感じで締めますね。

(。・ω・。)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。